読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年ベストソング10

先日はアルバム単位でしたが今回は曲単位。

今年聴きまくった曲たちです。

 

01.特撮「音の中へ」

 

02.MEGADETH「The Threat Is Real」

 

03.cali≠gari「キセキニイル」

 

04.VEKTOR「LCD (Liquid Crystal Disease)」

 

05.聖飢魔II荒涼たる新世界

 

06.Twilight Force「Rise of a Hero」

 

07.amazarashi「吐きそうだ」

 

08.TWEEDEES「Baby, Baby」

 

09.METALLICA「Hardwired」

 

10.中恵光城「レイル・ロマネスク」

 

2016年ベストアルバム10

今年もいい音楽に沢山出会いました。

少し早いですが、今年の私的ベスト10は以下の通り。

こういうのはある程度勢いで選ばないとね。

後ほど、別途ベストソングもやろうと思います。

 

01.Megadeth「Dystopia」
02.宇多田ヒカル「Fantôme」
03.特撮「ウインカー」
04.Vektor「Terminal Redux」
05.TWEEDEES「The Second Time Around」
06.森下唯「アルカン ピアノ・コレクション2《協奏曲》」
07.Twilight Force「Heroes of Mighty Magic」
08.神聖かまってちゃん「夏.インストール」
10.David Bowie「★」
 
 
01.Megadeth「Dystopia」
ディストピア

ディストピア

 

 聴きたかったメガデスをやってくれた嬉しさ。キコのテクニカルなソロと大佐のリフのキレはやはり絶品なのでした。

 
02.宇多田ヒカル「Fantôme」
Fantôme

Fantôme

 

圧倒的な完成度。ポップソングとしての隙のなさには脱帽です。聴きやすいんだけどなぜかおいそれとリピートできない不思議な作品。 

 

03.特撮「ウインカー」
ウインカー【初回限定盤】

ウインカー【初回限定盤】

 

 ここ数作の中でも特に即効性の高いアルバム。やはり大槻ケンヂはコンセプトのある作品が似合いますね。ラストのフューネラルドゥーム風には驚きました。

 
04.Vektor「Terminal Redux」
Terminal Redux

Terminal Redux

 

 スラッシュの新しい可能性を見せてくれたバンド。テクニカルなのに覚えやすく印象的なフレーズの数々。凄いバンドを知ることができました。

 
05.TWEEDEES「The Second Time Around」
The Second Time Around【初回盤(CD+DVD)】

The Second Time Around【初回盤(CD+DVD)】

 

 1stも最高だったTWEEDEESの2作目。アレンジの多彩さを増した分メロディの印象が多少薄くなりましたが、清浦さんによる歌詞など新しい世界観を構築。

 
06.森下唯「アルカン ピアノ・コレクション2《協奏曲》」
アルカン ピアノ・コレクション2《協奏曲》

アルカン ピアノ・コレクション2《協奏曲》

 

 アルカンの作品といえば鉄道しか知らなかった私を完全にアルカン沼に引きずり込んだ作品。コンサートも行きましたが技巧とサウンド作りが素晴らしかったです。

 
07.Twilight Force「Heroes of Mighty Magic」
HEROES OF MIGHTY MAGIC

HEROES OF MIGHTY MAGIC

 

 まだこんなクサメロを書くバンドがいたとは。ジャケット通りファンタジックな世界観ととにかくクサイメロディのハイトーンヴォーカル。ガッツポーズものでしたね。

 
08.神聖かまってちゃん「夏.インストール」

 色々挑戦もしていたSKCですが芯は変わらず、地続きであることを再確認するような作品。痛いままでも生きていけるという優しさを感じます。

 

 日本屈指の実力を誇る吹奏楽団による、吹奏楽のために書かれた作品を集めたアルバム。選曲も最高なのですがとにかく演奏が凄まじい。「科戸の鵲巣」は人気曲ですが、これ以上の演奏はもう現れないのではないかと思うほど。

 
10.David Bowie「★」
Blackstar

Blackstar

 

 デヴィッド・ボウイの最後の作品は、最後というにはあまりにも刺激的。相変わらず別世界に連れて行ってくれます。サクソフォンが染みる…。

筋肉少女帯「再結成10周年 パーフェクトベストTOUR @ EX THEATER ROPPONGI」

とても楽しいライブでした。

 

□セットリスト

01.めでてえな?

02.仲直りのテーマ
03.トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く
04.ワインライダー・フォーエバー
05.タチムカウ
06.人から箱男
07.枕投げ営業
08.週替わりの奇跡の神話
09.新人バンドのテーマ
10.パノラマ島失敗談
11.蓮華畑
12.恋の蜜蜂飛行
13.混ぜるな危険
14.ムツオさん
15.ツアーファイナル


En.
16.孤島の鬼
17.中2病の神ドロシー
18.釈迦

 

タチムカウ以外はすべて発売したばかりのベスト盤からの選曲。

ベスト盤での新曲「めでてえな?」から始まり、最後まで多幸感のあふれるライブとなりました。

 

「仲直り」「トリフィド」は再結成1発目のアルバムから。アップテンポでメロディアスな橘高メタルに悶絶。トリフィドのギターメロディは本当に素晴らしいと思います。

「週替わり」では最後の「不変の」もバッチリ決まり、オーケンも満足そう。声帯ポリープの手術を経て、ほぼ復活したと言えそうです。手術前の期間に培ったテクニックも随所で活かされていました。

 

アコースティックな編成で「新人」「パノラマ」「蓮華」。

新曲のひとつ「パノラマ島失敗談」はどこかほっこりするストーリー。私、以前はこういう方向性をあまり好きではなかったんですけど、染みますね。学生時代が「懐かしむもの」になって久しい。

 

「蜜蜂」ではエディと橘高さんのソロバトル!この日のエディはスーツ姿で熊蜂の飛行をパロったソロを華麗に決め、キレキレでした。「ツアーファイナル」はあらためて聴くとピアノが随分印象的。感動的な本編ラストでした。

 

アンコールでは「評判がよくなかった」という衣装を身にまとったオーケン。その姿での「孤島の鬼」はある意味シュール。「中2病」と「釈迦」でライブは終演となりました。

 

ベスト盤のレコ発ということもあり、定番曲の多い(割に、ド定番は少し外れた)選曲だったこともあり演奏も最高で、心なしかいつもよりも遊びが大きかったように感じられ、それがまた新鮮な味として楽しめるよいライブでした。

バックドロップシンデレラ「BESTです」

 

BESTです

BESTです

 

 池袋のイカれたウンザウンザバンドのベスト盤が出ました。

「池袋でウンザウンザを踊る」以降の楽曲からのセレクトで、うち8曲は新録。新曲も2曲収録し、ファンとしては新規音源が多くとても嬉しい構成です。

 個人的に大好きな「6人のおっさん」が収録されているのも嬉しいですね。

 

各アルバムの核となっていたキラーチューンばかりが集められているので内容が良いのは当然ですが、新録の素晴らしさには驚かされました。基本的にはアレンジはいじらず、今の技術で録りなおしたというものですが、エネルギーはそのままにクオリティだけアップしたという印象で、再録ものにありがちなガッカリ感が全くありません。

このバンドはメンバーが積極的に様々な企画をやっているのですが、ベスト用の再録楽曲をtwitterでファン投票するという試みもありました。

 

 

こういったフットワークの軽さも、このバンドの大きな魅力だと思います。

いいバンドなので、ぜひ色んな方に聴いてみていただきたい作品です。

 

 

METALLICA「Hardwired…To Self-Destruct」

 

ハードワイアード...トゥ・セルフディストラクト(デラックス)

ハードワイアード...トゥ・セルフディストラクト(デラックス)

 

スラッシュ四天王と呼ばれるバンドたちの中でも特にビッグなバンド、Metallica

同じくMegadethやSlayer、Anthraxが数年に一度ペースでアルバムをリリースしていたのに対し、実に8年ぶりの新作となりました。

 

MetallicaNWOBHMに強く影響を受け、ストーリー感のある曲展開や少しずつ変容するリフが持ち味の一つだと思います。私はそのリフの変容がたまに冗長に感じられ、そこまでMetallicaにハマり込んではきませんでした。

今作でも基本的には今までのイメージ通り。タイトルトラックは短く疾走する初期Metallicaを感じさせる曲ですが、中盤はミドルテンポな曲が並びます。

特に耳を惹かれたのはジェイムズの刻みの切れ味とラーズのドラミングです。正直、リフ自体はそこまで強くないのですが、刻みの音と鋭さでスルッと聴けてしまうみたいなところがあります。ドラムもいい音で録れており、ラーズ走りも随所で聴かれます。

 

どちらかというとメタルよりはハードロックですが、過度にスラッシュを期待しなければ面白く聴けるアルバムだと思います。

アルバム全曲のMVが公開されているので、ここからMetallicaに入るのにも良いかもしれませんね。

 

 

森下唯「オールアルカン ピアノ・リサイタルvol.3 @すみだトリフォニーホール」

とても充実したコンサートでした!

 

 

□セットリスト

01.歌曲集第3巻 作品65

02.欲望

03.練習曲「鉄道」 作品27

04.すべての短調による12の練習曲  作品39より

  第8番~第10番《協奏曲》

En

05.エスキス 作品63より 「幻影」

06.サルタレッロ 作品23

 

CDには収録されていない「歌曲集」からスタート。

歌曲といいつつもピアノ独奏による楽曲集ですが、メンデルスゾーンの「無言歌集」からの影響も感じられるとのこと。6曲の短い曲からなり、歌曲と名付けるだけあって歌心にあふれたメロディが綺麗な楽曲が並びます。

ピアノがまさに歌っているような「ヴィヴァント」、遊び心の感覚が現在でも新鮮な「カノン」、場面転換が興味深い「オラースとリディ」などは特に面白く感じながら聴きました。森下さんは歌と伴奏を丁寧に描き分け、時にはピアニスティックな華麗な響きを引き出し、とてもカラフルかつ透明感のある演奏でした。

 

続いては「欲望」。インストアイベントでも聴きましたがホールの豊かな響きが加わるとよりいっそうロマンティックに聴こえました。メロディのいいところで調が変わったりと、ゆったりしつつも面白さのある曲です。

一呼吸おいたと思ったらすぐに「鉄道」。これもインストアでも聴いた曲ですが、ホールで聴くとよりメリハリが利いているように感じられました。低音が充分に響くことでより迫力が増し、汽笛もお見事。客席も興奮に包まれました。

 

休憩を挟んで、メインである「協奏曲」。

全部で50分の大作ですが、終始心地よい緊張感を感じながら聴いていることができました。1楽章の展開や2楽章のこれでもかという泣きメロ、3楽章のまさに蛮族風という荒々しさと、アルカンの魅力を存分に堪能することができました。

森下さんの演奏も驚異的。技巧的な部分はもちろんですが、特に感動したのは弱奏部です。音量やタッチから、ふわふわっとした音色、エッジの利いたパリッとした音色を巧みに使い分け、伴奏パートとメロディパートを時に分離させ、時に融合させながら多様なサウンドを作り上げていました。

 

アンコールは静かでゆらめくような雰囲気のエスキス「幻影」と、これぞアルカン!な「サルタレッロ」。サルタレッロは初めて聴きましたがとても面白い(そしてやはり難しそうな)楽曲でした。楽しそうに演奏していらっしゃったのが印象的。

 

とても楽しい時間でした。

歌曲集は非常に素晴らしかったので、音源化も期待したいです。

私も、すっかりアルカンが好きになってしまいましたよ。

cali≠gari「村井研次郎 20th Caliversary Live〜村≠フェス〜 @赤坂BLITZ」

8日にFC予約者だけに公開された「続々、冷たい雨」は村井さんのプロデュースのもとX caligariもしくはcalix garixと言った趣で、まるで錆びた爪が芸術人生をサイレントジェラシーしてヴァニシングなティアーズがXジャンプするような楽曲であり、すでに前日から祭り感が物凄いことになっていました。

そして!前から定時退社すると宣言していた(できれば休ませてくれとまで言っていた)こともあり、18時に退社して行ってきました!村フェス!

 

□セットリスト

00.村井研次郎の部屋

01.ブルーフィルム

02.リンチ

03.マネキン

04.-踏-

05.ひらきなおリズム

06.淫美まるでカオスな

07.フラフラスキップ

08.トレーションデモンス

09.読心

10.オーバーナイトハイキング

11.ポラロイド遊戯

12.東京ロゼヲモンド倶楽部

13.アキラアキラ/ギラギラ(ナカヤマアキラ

14.アッキーラ/マッキーナ(ナカヤマアキラ

15.紅麗死異愛羅武勇(KIBA)

16.発狂チャンネル(KIBA)

17.嘔吐(KIBA、ミヤ)

18.混沌の猿(ミヤ)

 

En1

19.颯爽たる未来圏(tetsu)

20.あの人はもう来ない(tetsu)

21.ただいま(ガラ)

22.新宿ヱレキテル(ガラ)

23.せんちめんたる(ミヤ、ナカヤマアキラ

24.エロトピア(KIBA、ガラ)

 

En2

25.サイレン

 

とにかく楽しかった!

赤坂ブリッツに入ると一般公募で募られたバンドたちに村井さんがツッコミをいれたりイジったりしていくという謎のコーナーが。カリガリのライブは20分押しでスタートというまったりとした始まり方。

 

しかし1曲目からの「ブルーフィルム」には驚きました。開始と同時にカリガリのロゴが上から降りてきたのも感動的でしたね。

 「ひらきなおリズム」は実演を初めて聴きました!その名の通りのはっちゃけた曲ですが、展開が多くて想像以上に観ていての面白さを感じました。

「淫美」「トレーション」等の定番曲に続いて飛び出したのはなんと「読心」!村井さんはイントロ、間奏でヴァイオリンも演奏。SUGIZOのようなメロディアスなものというより、速弾きや重音を駆使したサウンドを展開し、曲の雰囲気をつくりあげていました。青さんはソファに座って専用モニターを準備、見ながら演奏していたようですが、楽譜が映っていたのでしょうか。

「ポラロイド遊戯」「ロゼヲモンド」といった昭和の香りのする楽曲の後は本日の目玉のゲストを迎えた「フェス」パート。まずはPlastic TreeのGtナカヤマアキラさん。キレがよく心地よい刻みでの「ギラギラ」、「マッキーナ」。さらに「マッキーナ」のジュリ扇タイムでは村井・ナカヤマの速弾きバトルもあり!短いながらも聴き応え充分の2曲でした。ちなみにこの曲、青さんはギターは持ってませんでしたね。

続いて登場したのはGargoyleのVo、KIBAさん!私はGargoyleやバトルガーゴイルも好きなので、生で観ることができて感激でした。「発狂チャンネル」はもともとコーラスでKIBAさんも参加していたので、「音源通り」のVo構成だったといえます。シャウトの安定感がすばらしく、大迫力だったのももちろんですが、想像以上のステージングに圧倒されました。歌詞の内容に沿ったアクションや発声、煽りを効果的に入れていく様はまさに圧巻。声の凶暴さも相まってまさに猛獣といった印象でした。

MUCCのGt、ミヤさんも参加して「嘔吐」。村井さんのスラップが冴え渡るこの曲ですが、村井さんは必要なところでは弾きまくりつつも基本的にはゲストやメンバーを引き立てるようなプレイで、ベーシストとしての余裕や貫禄を感じさせられました。

「混沌の猿」でもギターは持たずにバナナを投げ続ける青さん。そして堅実なバッキングで演奏を支えるミヤさん。ミヤさんがカリガリメンバーたちと楽しそうに絡んでいる様子は観ていてとても幸せな気持ちになりました。青さんが剥いたバナナをミヤさんに弾きながら食べさせる一幕もありました。

 

休憩をはさんでアンコール。

サウンドチェックの音だけで圧倒的な存在感を見せつけたデランジェのDr、tetsuさんをゲストに迎えてアルバム「12」から「颯爽たる未来圏」「あの人はもう来ない」。tetsuさんのドラミングはパワフルで、以前観た時も思ったのですが「馬力が違う」という印象を受けました。派手なアクション、大きなサウンド、それでいて高速のタム回し。最高にかっこよかったです。

次のゲストはMERRYのVo、ガラ。もともとMERRYも昭和感のある楽曲を得意とするバンドですが、なんとここでの曲は「ただいま」「新宿ヱレキテル」!

マントを羽織った学生服姿というやけに気合の入った衣装で、「ただいま」のポエトリー部分もバッチリ決め、「ヱレキテル」最後の「~んにゃ!」もバッチリ。この完コピ具合には敬意を感じ、こちらも真剣に聴き入ってしまいました。石井さんはこの2曲ではコーラスに徹していました。

 

ミヤさん、ナカヤマアキラさんをゲストにトリプルギターの「せんちめんたる」。

カリガリとムックとプラのギターが勢揃いしてのせんちめんたるって…これはもう事件ですよ。ギターソロではまさかの全員でユニゾン、ラストはハモリという鬼アツ展開。もうお腹いっぱい。

 

エロトピアではKIBAさんとガラさんが参加。順番にメインボーカルを取りながらサビは全員といった感じでしたが、KIBAさんが入るとまるで別の曲になるので面白いですね。KIBAさんが青さんの首筋にかじりつくシーンもありました。

 

最後はカリガリメンバーでの「サイレン」で〆。

石井さんや青さんのMCはそんなに多くなかったですが、衣装やステージングから村井さんへの祝福や思いを感じられて、とてもよいライブでした。