読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年ベストアルバム10

10 ねえママ あなたの言うとおり(amazarashi)

ねえママ あなたの言うとおり(初回生産限定盤)(DVD付)

ねえママ あなたの言うとおり(初回生産限定盤)(DVD付)

amazarashiのウリはやはり歌詞ということになるのだろうか。
現代に生きる少年少女が感じるような膿を鋭い切り口で表現していく様は、ある意味ブルーハーツにも通じるところがあるのかもしれない。
音楽的にもフォークな雰囲気が感じられ、広い年代に受け入れられているようだ。


9 Weather Report(People In The Box)

Weather Report

Weather Report

Peopleの新作は十数曲を1トラックとして聴かせる実験作。
曲間がattaccaになっているかというとそうでもない部分もある。
曲としての練り込みはいつもより浅い印象だが、全体で一枚の絵画を描いているような内容。


8 WORK(清竜人)

WORK

WORK

特にここ数年はぶっ飛んだ音楽を届けてくれる鬼才。
今作はフュージョン色が強く感じられ、極上のポップネスが堪能できる。


7 A Borderless Hour(トライソニーク)

ボーダレス・アワー

ボーダレス・アワー

  • アーティスト: ハクエイ・キム~トライソニーク~,ハクエイ・キム,杉本智和,大槻“KALTA”英宣
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2013/07/10
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

ハクエイ・キム率いるジャズバンドの新作。
アグレッシブなピアノに個性的なベースラインなど、聴きどころは多い。


6 The Songs For The Coming Day(雲井雅人サックス四重奏団)

マスランカ:ソングス・フォー・ザ・カミング・デイ&生命の奇跡

マスランカ:ソングス・フォー・ザ・カミング・デイ&生命の奇跡

雲カル×マスランカはもはや鉄板。
サクソフォン四重奏という枠を超えた、メッセージ性の強い音楽を堪能することが出来る。
音楽的に表現しきっている雲カルも見事。


5 Fetch(Melt-banana)

Fetch

Fetch

メルトバナナは疾走感・激しさ・ポップさ・カワイさを備えた面白いバンド。
今回もカッコいいアルバムに仕上がっている。
ライブ行ってみたいね。


4 演出家出演(パスピエ)

めちゃくちゃポップです。
なんといってもメロディラインの強さがこのバンドの良さ。
これはぜひ聴いてみてもらいたいですね。


3 Straight Out Of Hell(HELLOWEEN)

Straight Out of Hell

Straight Out of Hell

やったぜヴァイキー!これは名盤!
我々が聴きたいハロウィン-疾走感、メロディアス、明るい-を完璧に満たしている。
やはりギターのハモリは気持ちいいね。


2 スゴい!君!(バックドロップシンデレラ)

スゴい!君!

スゴい!君!

池袋の恐るべきウンザウンザバンド。
このぶっ飛び加減はなかなか他では聴けないでしょう。
枚数を重ねるごとに良くなってくるので、次も楽しみ。


1 予襲復讐(マキシマムザホルモン)

予襲復讐

予襲復讐

中2パワー全開。
正直、コミックバンドだと思ってました…。
ものすごい完成度。これは売れるはずですな。




今年は気に入ったアルバムが多く、次点にもいいものがたくさんあるので、また次の記事にて紹介します。