読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神聖かまってちゃん「英雄syndrome」

「友達を殺してまで。」から4年、「楽しいね」からも2年。
神聖かまってちゃんの6thアルバムが発売された。

神聖かまってちゃんに魅力を感じているのは2点あって、1つは「みんな死ね」のような荒っぽいロック。もう1つは「つまんね」のようなホーリー感溢れるシューゲイザー要素なのだが、今回はどちらかというと「つまんね」方向に振れた印象。

メンバーのスキルも向上が感じられ、サウンドがぐっと引き締まって非常に聴きやすい。

「彼女は太陽のエンジェル」はイメージを打ち壊すような楽曲だ。
かつて配信やライブで即興のラップを披露していたの子は当然そちらの方向も好きなんだろうとは思っていたが、やるとなると粗すぎる…という印象だった。それがどうだ。がなりもせず全うに詩をのせてみたり、時には声をケロらせてみたり、なんともそれっぽく仕上がっている。
奇をてらわないサウンドの強さ、その方法を選択できるバンドの強さを見た思いだ。

デモで大好きだった「おかえり」が収録されているのも嬉しい。
全体的にジャケットや歌詞も含め、打って出た挑戦的な内容になっていると思う。

神聖かまってちゃんはまだまだ枯れてないよ。