読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thunder You Poison Viper「you!」

you!

you!

筋肉少女帯内田雄一郎と、そのサポートの三柴理長谷川浩二の3人による三太夫ことサンダーユー・ポイズンヴァイパー。
ついにアルバムが発売となった。

先日の筋肉少女帯のライブ「ロッキンショウJAPAN」でも孤島の鬼を披露し、そのバカテクを魅せつけてくれたが、ついにそれがスタジオ音源で楽しめるようになった。
曲目は各々の参加したプロジェクトからのカヴァーがほとんどだ。

筋肉少女帯プログレ成分を抽出し凝縮したような内容で、一般的に言う「ピアノ・トリオ」とは印象が全く異なる。
印象的なハーモナイズや超絶ピアノが特徴の三柴、堅実に見えて歌心バツグンの動きまくりベースの内田、テンションが上がると足数が増える長谷川の、バトルというか音の会話がひたすら楽しめる。

中でも度肝を抜かれたのは長谷川作曲の「Politician」。
ピアノのリフも印象的だが、後半のキメパートでの長谷川のドラミングが鬼神のよう。
このドラミングを聴くためだけに買っても後悔しないレベルだ。
この人、サポートで他のバンドに参加してる時は「譜面が黒くて困る」なんて言っているが、自分の曲でも譜面真っ黒じゃないか。

非常に面白いプロジェクトだと思うので、マイペースに続けて第2弾、第3弾とアルバムをリリースしてほしいものだ。