読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯「春だ出撃だ筋肉少女帯!! @EX THEATER ROPPONGI」

セットリスト

01.サンフランシスコ
02.君よ!俺で変われ!
03.少年、グリグリメガネを拾う
04.ムツオさん
05.日本印度化計画(内田•橘高•本城Vo)
06.労働讃歌
07.僕の歌を総て君にやる
08.これでいいのだ
09.未使用引換券(本城Vo)
10.爆殺少女人形舞一号
11.イワンのばか
12.暴いておやりよドルバッキー
13.踊るダメ人間
14.恋の蜜蜂飛行
15.機械

En
16.Guru最終形
17.中学生からやり直せ!
18.釈迦
19.中2病の神ドロシー

「春だ出撃だ筋肉少女帯!!」のファイナルに行ってきました。
筋肉少女帯人間椅子の「地獄のアロハ」がフルで流れたところでメンバー登場。
サポートは三柴さんと長谷川さんでした。
私は今回初めてスタンド席(2階)での鑑賞。メンバーの動きがよく見えて、とても楽しかったです。

サンフランシスコはソロが橘高オンリー版でバトルはなし。ちょっと残念でしたが、「San Francisco」に近い橘高さんのソロを堪能できました。
メタル色の濃い「少年、グリグリメガネを拾う」のギターソロを生で観ることができて感激。
ミラーボールが回る中の「ムツオさん」はもう定番曲になりそうですね。
大槻さんがはけてからの残り3人が「メインボーカル」での日本印度化計画。なんか太い声3人分をユニゾンで歌われると、数の暴力感がすごいですね。
どことなくぎこちないコール・アンド・レスポンス、大槻さんがいなくてもやる「学園天国」には笑いました。
本城さんVoによう未使用引換券も素晴らしかったです。おいちゃんは振る舞いがロックな感じで見ていて楽しいですよね。
「恋の蜜蜂飛行」はアルバムリリース直後のライブでは披露されなかったので、ようやく観れました。生で聴くとスピード感が段違いですね。
大槻さんがテンポをとれなくなっていたのはご愛嬌。

着席してしっとりと「Guru」を聴き、プログレに浸ったところで「中学生からやり直せ!」これも生で聴いたのは初めてかも知れません。
ボッコちゃんを…のところ、エディもあの声やってたのかな?よく見えなかったのですが。
最後は定番の釈迦に加え、ドロシーで締め。

あとMCで印象に残ったのは、ワジーとオーケンのテレビ収録では没になったという「オトナへの質問」にメンバーが答えるというコーナー。
メンバーたちがフワフワとした答えをする中、長谷川さんが「オトナのメリットは?」という質問に「自分の責任でなんでもできることですかね」と答えて「メンバーの中に大人がいるぞ!!!」とオーケンに言われていたのが最高に面白かったですね。そして長谷川さん、カッコ良すぎです。

良いライブでした。
次回は筋肉少女帯人間椅子かな。楽しみです。