読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cali≠gari「SERIES"街" 最後の宿題 @新宿BLAZE」

首尾よく定時退社に成功。
物販での「初恋中毒」村井バージョンも入手できました。

セットリスト

01.散影
02.暗中浪漫
03.颯爽たる未来圏
04.フィラメント
05.月光ドライブ
06.ミッドナイト! ミッドナイト! ミッドナイト!
07.最後の宿題
08.さよならスターダスト
09.ギムレットには早すぎる
10.スクールゾーン
11.ハラショー!めくるめく倒錯
12.バンバンバン
13.トイトイトイ
14.淫美まるでカオスな
15.マッキーナ
16.紅麗死異愛羅武勇
17.セックスと嘘

En1
18.夏の日
19.さよならだけが人生さ
20.東京43時00分59秒

En2
21.わるいやつら
22.クソバカゴミゲロ

場所が新宿ということもあり、都会的な楽曲が多く演奏されました。
特にGt桜井にとって新宿という街は並々ならぬ思い入れのある場所。
照明も鮮やかでビル街を感じさせ、素敵なライブとなりました。

夏の日を除いて復活以降の楽曲で固められたセットリストは、現在のカリガリをよく表した内容。
今回のライブで特に印象的だったのは「10」の楽曲たち。
打ち込み色が強めであった音源に比べ、Dr中西の熱の入ったドラミングにより「月光ドライブ」や「スクールゾーン」はよりロックバンド然としたサウンドに変化していました。
また、Key秦野のアレンジも今まで以上に取り入れられており、特に「マッキーナ」では大活躍。ジュリ扇タイムへの移行に秦野ソロタイム的な意味合いが付加されたのは面白かったです。コーラスにも全面的に参加していたのも印象的でした。

アンコールの前などではVo石井がウェットスーツというおよそ夏のライブのステージ上でするべきでない格好だったせいで休憩が多く、Gt桜井とBa村井によるMCが長く取られていました。
今までに比べて自然体というか、ほんわかとした雰囲気で面白く、桜井が昔「乱歩」と呼ばれていた話など、昔話に花が咲いていました。

最後は暴れ系の曲を2曲で締め。
次回は秋に趣向を凝らしたイベントをやるようです。
金髪限定、制服限定などハードルが高いですが、どこかで参加したいですね。