読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パスピエ「娑婆ラバ」

いや、参った。参りました。
再生ボタンを押して1秒でノックアウトされるこの感覚。

隙のない素晴らしいアルバムだと思いました。

パスピエの魅力には「わかりやすいポップさ」があったと思います。
それはヴォーカルのキャラクターであったり、親しみやすいメロディであったり、キラキラとしたサウンドだったりするのです。

前作「幕の内ISM」もよいアルバムではあったのですが、そのタイトルにもなっている「幕の内」感というか、詰め込みすぎ感がどうしても個人的には受け止めきれないものがあったんですね。
その点、今作はよりストレートな表現になっているように思えました。

サビで始まり最初からクライマックスの「手加減のない未来」はいきなりこのアルバムのハイライトと言ってもよい楽曲。
シングル曲を挟みながらも、トリッキーな「術中ハック」やお祭り騒ぎの「つくり囃子」など強力な曲が並びます。
本当に全曲のパワーがすごく、「これ、全部シングルカットいけるんじゃないか?」とすら思えます。

サウンド面としては、今回はキーボードに耳が行きました。
表情を変えながら楽曲に華を添え…というか「持っていく」アレンジは聴きどころです。

幅広い層に受け入れられる名作の誕生を感じました。
おすすめです。