読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯 NEW ALBUM リリースツアー2015 「おまけのいちにち(闘いの日々) @赤坂BLITZ」

筋肉少女帯のライブに行ってきた。

■セットリスト
00.大都会のテーマ
01.レジテロの夢
02.パリ・恋の都(赤坂 Ver.)
03.混ぜるな危険
04.球体関節人形の夜
05.枕投げ営業
06.バトル野郎 〜100万人の兄貴〜
07.LIVE HOUSE (Vo.本城)
08.時は来た
09.イワンのばか
10.別の星の物語り
11.生きてあげようかな
12.夕焼け原風景
13.踊るダメ人間
14.ワインライダーフォーエバー
15.ゾロ目
16.サンフランシスコ
17.労働者M

En
18.大都会のテーマ
19.地獄のアロハ
20.おわかりいただけただろうか
21.釈迦

リリースツアーだけあって新作からの曲が沢山。
アルバムが素晴らしい出来だったので期待していたが、期待以上のライブだった。

前半はアルバムの曲順にとても近い形で楽曲を披露。
「レジテロの夢」での三柴・橘高のソロバトルは血が滾るような興奮をおぼえた。
球体関節人形の夜」も橘高メタルが絶好調。この日の橘高はいつにも増して切れ味鋭いギターを弾いていたように思う。

本城Voによる「LIVE HOUSE」はとても感動的。
続く「時は来た」では間奏でフリーな尺を設け、大槻のアジテーションが観客を沸かせていく。
その後ろで即興フレーズの掛け合いをする三柴・橘高コンビも面白い。

椅子を用意して落ち着いた雰囲気での「別の星の物語り」。
「リハーサルをしながら、新作では人の未練、残る感情をどう断ち切るか、あるいは断ち切るか否かということを歌っていると気付きました。」といつになくマジメな大槻。
「生きてあげようかな」は最近の出来事も思い出してしんみりと聴いた。

過去の名曲を続けざまに披露して本編は幕となった。

アンコールではインスト「大都会のテーマ」に合わせてスーツ姿の大槻が小芝居。
そして人間椅子がいなくてもやってしまう「地獄のアロハ」。
和嶋のソロをコピーする橘高という非常に珍しいものが聴けた。

新作きっての「泣きメタル」である「おわかりいただけただろうか」で盛り上がったあとはいつもの「釈迦」で〆。
アルバムの出来のよさを象徴するような素晴らしいライブだった。

11月のチケットもとってあるので、そちらも楽しみ。