読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯 NEW ALBUM リリースツアー2015 「おまけのいちにち(闘いの日々) @LIQUIDROOM」

ひとつのツアーに2回参加したのははじめて。

■セットリスト
00.大都会のテーマ
01.レジテロの夢
02.ムツオさん
03.混ぜるな危険
04.球体関節人形の夜
05.枕投げ営業
06.バルト海峡百万人の兄貴舟
07.LIVE HOUSE (Vo.本城)
08.時は来た
09.イワンのばか
10.別の星の物語り
11.生きてあげようかな
12.夕焼け原風景
13.DANCE WITH ME ダメ人間
14.労働讃歌
15.ゾロ目
16.サンフランシスコ

En
17.大都会のテーマ
18.地獄のアロハ
19.おわかりいただけただろうか (Vo.橘高)
20.釈迦

基本的な流れは前回と同様だったので簡潔に。
セトリをかえてきた「ムツオさん」では序盤から歌詞を思いっきりとばし、「歌詞なんていいんだよ!ノリだよ!ノリ!」と演奏中に(!)開き直り叫んだ挙句、半分以上マイクを客席に向けるという斬新なパフォーマンス。
「俺はネットとかではサブカルの神とされている…されているんだけど神はわりと影響を受けやすくてね…」と前日に観た「チャーリーとチョコレート工場」の真似をしまくるという素晴らしいグダグダ感MCの後に新作からの曲ラッシュ、という流れは同じ。
何故か最近のオーケンのマイブームである「曲名をちょっとかえてタイトルコールするシリーズ」は「バトル野郎」。
「時は来た」のアジテーションパートでは、われわれのお金がアフロダイAの購入資金に充てられる予定なことが発覚。次はダイアナンかな?
またもやタイトルコールを変えるシリーズ「踊るダメ人間」。そしてセトリが前回とは変わって「労働讃歌」。これはみんなで歌う枠ということなのかな。

サンフランシスコはエディソロあり!
ソロ突入とともにメガネがパージされ、鬼神のように弾きまくるエディに後光が見えました。わりとマジで。
「おわかりいただけただろうか」は橘高さんヴォーカル!なのだけれど、弾き振りをし続けるオーケンが気になりすぎて…。

定番の「釈迦」で〆。

赤坂での映像とツアー全体のドキュメントを収録したBDが2月に出るらしいです。
これは楽しみ!