People In The Box「CLUB QUATTRO MONTHLY LIVE 波多野裕文(Gt/Vo) Produce 『Renaissance』」

□セットリスト

01.技法
02.木曜日/寝室
03.逆光
04.割礼
05.みんな春を売った
06.天国のアクシデント
07.手紙
08.季節の子供
09.子供たち
10.Lorelei(Cocteau Twins)
11.セラミック・ユース
12.ニコラとテスラ
13.マルタ
14.あの頃
15.空は機械仕掛け
16.天使の胃袋
17.旧市街
18.海はセメント

定時退社を華麗に決め、当日券で行ってきた!
今回のセットリストは「ライブではあまりやらないけど、とても良い曲」を集めたとのこと。

とは言え、最近の作品からも多く演奏しているあたりがいつものPeopleっぽさも残している印象。
普段の選曲は、やはり波多野さんのモードによるところが大きいと思うので。

弾き語りから静かにスタートした「技法」に続き、「木曜日」!
意味深な歌詞とヘヴィなサウンドで大好きな曲ですが、確かにあまりライブで聴いた記憶はないかも。
「逆光」は聴くたびに好きになってきます。今日はドラムがよく見えたので、細かいゴーストまで感じられて楽しかった。

「割礼」はテクニカルなベースラインが最高にかっこいい曲。
どうやったらあそこまでバキバキに弾けるのか。ため息が出た。

「みんな春を売った」で顕著だったように思いますが、Peopleのライブでは音源の再現は基本的に行われない。
曲の格子は守りつつ、時にそれさえも外れそうになりつつ各パートがその日限りの実験を繰り広げていく。
メンバーも毎回楽しそうだし、こちらも音源を聴き込んでいるほどその「違い」を感じ取れて、面白いのだ。

「子供たち」をやったのも嬉しかった。これが収録されている「Lovely Taboos」は3曲ながら当時のPeopleのいいところが凝縮されている名盤なのだ。
カバー枠はコクトー・ツインズ。普段使わない高音域の歌唱を、きちんと聴かせてしまうのはさすが。
Peopleのカバーから入って好きになったミュージシャン、けっこういる。いつか、カバー集とか出しても面白いかも。

「天使の胃袋」や「旧市街」は一時期は定番であったものの最近は外れがちになっていた曲たち。
久しぶりにライブで見ることができて嬉しかった。
旧市街の隙あらばアレンジを入れていくスリリングさはゾクゾクした。

最後は「海はセメント」でしっとり終わるかと思いきや、アウトロでお約束の轟音を挿入。

あっという間の楽しい時間だった。
なお、Peopleは今年夏からアンプラグドでツアーをやるとのこと。
アレンジ力が高いバンドだけに、これは非常に楽しみだ。