読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

People In The Box「Things Discovered」

 前作が2015年9月のTalky Organsなので、実に1年以上ぶりのPeopleの新作!

Things Discovered 【初回限定盤】

Things Discovered 【初回限定盤】

 

 

2枚組で、1枚めは新曲、新録。2枚めはメンバー選出のベストアルバムになっています。

「木洩れ陽、果物、機関車」はとてもあたたかく開放的な新曲。上行系のメロディが気分を明るくしてくれます。個人的に後半の「好きなものだけで~」の辺りが非常に好みですね。早くライブで聴きたいです。

 

「空き地」の新録は福井さんの選出。原曲は弾き語りスタイルでしたが、ここではバンドアレンジで、さらに歌詞も変更。編成は豪華になったのによりシンプルになったような不思議な印象です。

「沈黙」は波多野さん選出。より固く構築された音像は有村さんソロに提供していたトラックの方向性にも近いものを感じました。リズムの配置が地味にエグいのもいいです。

「旧市街」は山口さん選出。ライブでも幾度となく演奏されたキラーチューンですが、ここでは小細工なしの「現在のPeople」での演奏が聴けます。コーラスワークが素晴らしく、やはり名曲だなと。

 

「maze」は福井さん主導によるインスト曲。即興的な要素を多分に含んだセッションで、メンバーの演奏技術が冴え渡っています。

「プレムジーク 9月/東京」は波多野さん主導によるインスト曲。環境音と楽音の境界をさぐるようなトラックで、ビートはなくかなり実験的。こういった音像が好きであろうことはライブなどの端々から感じ取れましたが、ついにこうして形になったかという気持ち。これは実験1作目だと思うのでさらなる進化も期待してしまいます。

「矛盾の境界」は山口さん主導によるインスト曲。インスト3曲の中では一番普段のPeopleに近いでしょうか?Weather Reportあたりの土っぽい雰囲気があって面白いです。

 

2枚めのベストアルバムは最近の楽曲が多いですが、全体的にリマスタリングされており、今まで聴こえなかったパートが聴こえます。ブックレットにメンバーによる楽曲のひとこと解説もあり、想像以上に楽しく聴くことができました。

 

いやー、待ったかいはあったかなと思います。これはどちらかというと企画盤の類だと思うので、次のフルアルバムがとても待ち遠しいですね!

そして1月27日は久しぶりにPeopleのライブ!楽しみです!

 


People In The Box「木洩れ陽、果物、機関車」Music Video(Special Edit)