Versailles「CHATEAU DE VERSAILLES 日本武道館」

Versailles Philharmonic Quintetの武道館公演に行ってきました!

 

 

□セットリスト

01.Aristocrat's Symphony(Be Choir)
02.ASCENDEAD MASTER
03.Shout & Bites
04.zombie
05.Inheritance
06.Vampire
07.Chandelier
08.DESTINY -The Lovers-
09.After Cloudia
10.Philia
11.Serenade
12.Faith & Decision
13.MASQUERADE(Be Choir)

En1
14.Lineage
15.THE RED CARPET DAY

En2
16.Sympathia
17.The Revenant Choir(Be Choir)

 

 

「NOBLE」の頃から好きで聴いていたバンドですが、ワンマンライブを観るのはこれがはじめてでした。Versailles休止期間中にKamijoソロもJupiterも2回ずつ観る機会はあったので、それぞれの実力は知っているつもりでしたが、Versaillesとしてフルセットこなす姿を見て、バンドマジックをとても強く感じました。

 

合唱付きの「Aristocrat's Symphony」で幕を明け、続けざまに「ASCENDEAD MASTER」という必殺のコンボ。演奏も特にリズム隊が素晴らしく、YUKIさんのドラムはこの日、全編通して最高でした。ギター二人もどんどんブーストがかかっていくのがわかりました。

 

「zombie」ではライブならではのノリを楽しみ、続く「Inheritance」はこの日限定でリリースされたミニアルバムからの新曲。しっとりとした曲ながらも有機的に絡み合う楽器隊の演奏には特に強い説得力を感じ、ドキっとさせられました。

「ジーザス・クライスト」のシャウトがこんなにカッコよかったか?と惚れ直した「Vampire」に続いては去年発売したベストに収録の新曲「Chandelier」。復活してからの彼らは客観的にVersaillesとしての強みを意識して曲を作っている感があり、聴いていて安心感があります。

最強のメロスピキラーチューンである「After Cloudia」は是非とも聴きたかった曲。Jasmine Youが当時インタビュー記事で楽しそうにこの楽曲について語っていたことを思い出し、目頭が熱くなりました。

TERUが「少しずつ速く演奏すれば沢山曲ができるのではないか」と提案したというメタラー魂(MEGADETH感が強い)を感じさせるMCからの「Philia(ちょっと速めVer)」といったお茶目さも見せつつ、Jasmineのことにも触れ、祈りにも似た「Serenade」。

 

16分に及ぶ大曲「Faith & Decision」ではHIZAKIのヴァイオリン奏法をはじめ、各楽器隊の見せ場がたっぷり。この長さを長く感じさせずに演奏しきるのはやはり流石といったところでしょう。再び合唱隊を迎えての「MASQUERADE」で本編は終了。

 

アンコールでは新曲の「Lineage」を披露。Versaillesらしさを凝縮したような楽曲で、コーラスパートも印象的。これからもライブ定番として演奏されていくであろう名曲でした。煽りとコール・アンド・レスポンスの定番曲「THE RED CARPET DAY」も大好きな曲。しかしKAMIJOさん、本当に素晴らしい歌唱でした。特に初期楽曲のわかりやすいメロディ部分での表現力、シャウトでの力強さには胸が熱くなりました。

 

ダブルアンコール。「Sympathia」はライブで聴くと良さが倍増する楽曲だと感じました。歌メロの良さ、ギターメロディの美しさ、一体感が素晴らしく、ここでもウルッと来ました。最後は合唱隊を迎えての「The Revenant Choir」。この曲は2015年末でのVersailles復活の儀式でも聴きましたが、アンコールとして聴くこの曲はさらに格別です。9年前から音源で聴き続けてきた楽曲を最高の状態で聴ける幸せを噛み締めました。

 

この日、ステージ中央には大聖堂を思わせる縦長のステンドグラスの映像が投影されており、曲によってそれがパイプオルガンになったり薔薇に包まれたり蝶が現れたりと万華鏡のように変化。単純ながらも効果の高い演出で、とても感動的なステージでした。

 

平日だったこともあり、行けるかどうか悩んだ武道館公演でしたが、がんばって定時退社して行って本当によかった。今年は10周年イヤーということでツアー等も発表され、まだまだ楽しませてくれそうです。