cali≠gari「△15th Caliversary"2002-2017" TOUR Re:13 @ 梅田TRAD」

配布CDのマグロ新録に釣られて、大阪に行ってきました!

 

■セットリスト
01.トイレでGO!
02.マグロ -電車は急に止まれない篇-
03.トカゲのロミオ
04.汚れた夜
05.まほらばぶる~ず
06.色悪
07.オーバーナイトハイキング
08.深夜、貨物ヤード裏の埠頭からコンビナートを眺めていた
09.三文情死エキストラ
10.ゼリー
11.紅麗死異愛羅武勇
12.淫美まるでカオスな
13.マッキーナ
14.ファニソン
15.混沌の猿
16.ギラギラ
17.落花枝に帰らず破鏡再び照らさず

 

En.1
18.舌先3分サイズ
19.青春狂騒曲
20.オヤスミナサイ

 

En.2
21.ゼロサムゲーム
22.一切を乱暴
23.クソバカゴミゲロ

 

コールが楽しいトイレでGO!からの、あまりにも早すぎる登場の「マグロ」
村井さんのベースリフがちょっと変わっていたり、青さんの煽りが変わっていたりと新録仕様のアレンジで、yukarieさんのサックスや秦野さんのキーボードも大活躍。

 

その後も「13」の曲を軸にした構成。
MCでは青さんが「寂しかったー!?」と煽るも、客席がなぜか静かで、「え、寂しくなかったの…!?予想してた反応じゃないんですけど…。いじられるのは村井さんだけで手いっぱいなんですけど!」となるお茶目(?)な場面も。
「三文情死エキストラ」や「ゼリー」ではサポートメンバーが大活躍。こういったホーンやピアノが映える曲もカリガリの持ち味ですが、このサポートが入っているのにそこまで大きくない会場、というのは初めて見たので、臨場感を楽しく感じました。
やはり鉄板の「淫美」「マッキーナ」のあとは「ファニソン」。メタルパーカッションさばきが一段とキレを増しており、6月に観た時よりもさらにモリケンイズムを感じ、正直ちょっとウルっときました。大きいモーションでシンバルをぶったたく青さん、とてもいいです。

 

混沌の猿ではいつものバナナ配りパフォーマンス…と思いきや、石井さんが演奏中にバナナを食べ始めるという展開に(特に投げるでも煽るでもなく、本当にただ食べただけ)。そして夏らしい「ギラギラ」と「落花」で本編は終了となりました。

 

アンコールはマグロと同じく、別公演で配布予定の「舌先」と「青春」、そしてまさかの「オヤスミナサイ」!これは感動しました。ライブで聴いたの、武道館以来かも。

 

ダブルアンコールでは13の残り「ゼロサム」と「一切」を演奏し、締めの「クソバカ」でライブは終了となりました。

 

6月のツアーを経て育った13というアルバムを、さらにじっくりと味わい尽くすことができるいい企画だと思います。残るは名古屋、東京。こちらももちろん行きます。楽しみです。