サクソフォン的観点から見るamazonのPrime Music

CDやら何やらをよく購入するため、amazonはもともとPrime会員であった。
せっかくなので、2015年11月23日現在、どれくらいのサクソフォン作品が「聴き放題」に含まれているのか、見てみよう。

GREETINGS

GREETINGS

一年ほど前に発売された本作であるが、聴き放題である。
楽曲もさることながら、日本のクラシック界からそうそうたるメンバーが参加しており、非常にお得感がある。

アドルフに告ぐ

アドルフに告ぐ

若手期待度No1の上野耕平が満を持して発表したデビュー・アルバム。
聴き放題だ。マジか。
この一枚でクラシックサクソフォンの基礎の基礎を学べると言っても良い。
親がPrimeに登録している中高生諸君は聴かせてもらうように(誰目線だよ)。

サクソフォンとオーケストラのための音楽

サクソフォンとオーケストラのための音楽

ナクソスのサックス作品集。
ドビュッシー、ミヨー、イベール、ヴィラ=ロボス、グラズノフとクラシックサクソフォンの教養としての最低限の知識はこれで入手可能だ。
上記の楽曲のうち1曲でも聴いたことがない曲があるサクソフォン奏者は今すぐこれで聴くしか無い。
演奏も楽曲理解にちょうどよいスタンダードっぷり。

クローバーリーフ・スイート

クローバーリーフ・スイート

酒井格作品を軸にしたアルバム。
歌心を存分に楽しめる内容で、メロディアスなサクソフォンを聴きたい方におすすめだ。

Bach: Cello Suites (Arranged for Baritone-Saxophone)

Bach: Cello Suites (Arranged for Baritone-Saxophone)

バリトンサックス奏者、トウィラールトが無伴奏チェロ組曲全曲に挑んだ録音。
大学生のころタワレコで発見して喜び勇んで買ったものだ。
管楽器ならではのフレージング等、聴きどころは多い。

Fault Lines

Fault Lines

ウェストポイントSQのアルバム。
やたらカッコいい曲が並ぶ。聴いたことがない曲が多いのでこれから聴き込みたい。

吉松隆:《鳥の響展》ライブ

吉松隆:《鳥の響展》ライブ

吉松隆作品集ライブ。
須川展也のサイバーバードが収録。
初演から20年近くが経っただけあり、完全に自分のものにした演奏。

…さすがにサックス関連を全て挙げるのは無理を感じてきたのでこの辺にするが、
昔の録音だけでなく、どちらかと言うと「現在のホットな音源」もかなり入ってきそうな雰囲気だ。
これはかなり期待できるのではなかろうか。