「CRUSH OF MODE-ENDLESS SUMMER'20-」

充実したイベントでしたね。

 

cali≠gari
01.サイレン
02.僕は子宮
03.ゼリー
04.-踏-
05.紅麗死異愛​羅武勇
06.淫美まるでカオスな
07.マッキーナ
08.Sex on the beach
09.-187-

 

トップバッターはカリガリ
フェスらしくかなり攻めたセットリストで、いきなりサイレンというのはなかなかインパクトがあったのではないでしょうか。轟音でつかんでおいてからのジャズ風楽曲による幅広さのアピールも見事。後半はライブでの定番曲を畳みかけて一気呵成に終わる綺麗な構成でした。Sex on the beachはレコーディングを経てアレンジが練り込まれていましたね。


■NoGoD
01.masque
02.Borderline
03.カクセイ
04.helix
05.DADA
06.ヘンリエッタ
07.神風

 

ヘヴィメタル味の強い演奏とVoによる正統派HMサウンド。はじめて見ましたがまっすぐで心地よいパフォーマンスでよかったです。中盤での最近の楽曲helix、DADAが特に印象に残りました。


ゴールデンボンバー
01.僕クエス
02.まさし
03.抱きしめてシュヴァルツ
04.†ザ・V系っぽい曲†
05.首が痛い
06.女々しくて

 

配信慣れしているなという印象で、ライブの頭から最後までを途切れさせないひとつの動画としてパッケージングするさまはお見事。「まさし」など、リスナーが突っ込みをいれるような楽曲はむしろ声が視覚化されるコメント付き配信のほうが相性がいい面すらあるかもしれません。


メトロノーム
01.血空
02.不機嫌なアンドロイド
03.とある事象
04.Catch me if you can?
05.憂国の空
06.MATSURI
07.強くてNEW GAME
08.絶望さん

 

ヘクトウなどで写楽さんはみたことがありましたがメトロノームとしてははじめて。打ち込みを強く入れつつもスラップなどを取り入れた肉体的なベースプレイにより思っていたよりよっぽどバンド感がありました。Catch me if you can?やMATSURIはインパクトありましたね。


筋肉少女帯
01.イワンのばか
02.日本印度化計画
03.元祖高木ブー伝説
04.新人バンドのテーマ
05.ボーン・イン・うぐいす谷
06.踊るダメ人間
07.釈迦(セッション)

 

アコースティックとトークでの配信はありましたがバンドとしての配信ははじめての筋肉少女帯。事前にはじめてというところを連呼していましたがそこはさすがの貫禄で、まったく無観客を感じさせないいつも通りのステージングでした。アンコールの釈迦では客席にそれまでの各バンドメンバーが集まりコーラスなどで参加。不動の石井さんに代わって途中からシャウトを入れていく青さんが素敵でした。

 

非常に贅沢な配信フェスだったと思います。

cali≠gari×deadman 「死刑台のエレベーター〜ザ・ビギニング〜 2020/07/28」

カリガリとデッドマンのライブ配信を観ました!

本来は延期前のチケットを確保していたのですが、もろもろ考慮し今回は配信にシフト…。

ライブ自体は7/28に実施され、配信は8/8から行われました。

 

deadman

01 please god

02 溺れる魚

03 blood

04 monster tree

05 follow the night light

06ドリスからの手紙

07 through the looking glass

08 quo vadis

09 re:make

10 蟻塚

 

初めて見ましたが、非常にかっこいい!

Gtaieさんによるグランジオルタナ的なリフワークの上に艶めかしく怪しいフレージングの眞呼さんのVoが乗って、ダークながらもどこか聴きやすい絶妙なサウンドが出来上がっていました。

 

声色を変えて緩急をつける「please god」からの冒頭3曲は特に一気に惹き込まれてしまうしまうなと思っていたらこれらは1stの冒頭の曲順そのままだったんですね(CD買いました)。「follow the night light」のサビのポップ感も印象的でした。曲によってもがくような動作だったり手を上に伸ばすような動作だったりと、大きくはないものの印象に残るような所作のパフォーマンスが多くかっこよかったです。「quo vadis」はこれぞ!というようなV系的曲で盛り上がりましたね。

 

しかし何より最高だったのはラストの「蟻塚」。蛍光塗料を吐いたり顔面に塗りたくったうえでブラックライトで照らし、まるでゾンビが血を吐いたかのような強烈なヴィジュアルに。楽曲も息の長いクレッシェンドを積み重ねてゆくタイプの構成で非常に好みでした。いいバンドを知ることができました…。

 

 

caligari

01.死は眠りを散歩する

02.オーバーナイト・ハイキング

03.その斜陽、あるいはエロチカ

04.動くな!死ね!甦れ!

05.ママが僕をすててパパが僕をおかした日

06.暗中浪漫

07.--

08.淫美まるでカオスな

09.セックスと嘘

10.エロトピア

11.Sex on the beach

 

カリガリもいつもに比べてややダークな成分が多い選曲だった印象。音の洪水で圧倒する「死は眠りを散歩する」で幕開けし、久しぶりな「エロチカ」も。「ママが僕をすててパパが僕をおかした日」ではキーボード音がなく印象的な冒頭フレーズをベースが担当するなど新鮮な響きでした。

 

この日はドラムがいつもとは違う方で、非常にタイトなビートを刻んでいました。特に「暗中浪漫」~「淫美」といった楽曲ではガチっとはまったリズムの妙を楽しめましたね。最後はエロ系楽曲で締め。

 

ここ最近の2本はいずれも無観客配信だったので、観客ありのライブは久しぶりだったカリガリ。メンバーたちの楽しそうな演奏と高いテンションを感じることができたのはとてもうれしかったです。

 

 

caligari×deadman

01.死刑台のエレベーター

 

アンコールは両バンドメンバーによる共作の新曲。

お互いの個性を出し合いつつも調和していてとても面白い出来になっていました。演技的な動作の眞呼さんと不動の石井さんがよいコントラストになっていましたね。

 

とても良い組み合わせのライブだったと思います。本人たちの感触もよかったようなので、来年に延期された残りのライブに向けてまた何かアクションを期待してしまいますね。

People In The Box「PITB Acoustic 2020 2020/08/01」

People In The Boxライブ配信を観ました!

 

■セットリスト
01まなざし
02忘れる音楽
03いきている
04ミネルヴァ
05.2121
06.町A
07.塔(エンパイアステートメント)
08.レントゲン

 

09.季節の子供
10.装置
11.きみは考えを変えた
12.あのひとのいうことには
13.風景を一瞬で変える方法
14.懐胎した犬のブルース
15.かみさま

 

2016年にもあったPITB Acousticの2020年版。
PITBは同じ楽曲に様々なアプローチをすることがあり、いずれも全く別の表情を見せてくれますが、アコースティックアレンジはその代表的な方向性。空から降ってくるシリーズの劇場編でもよく披露されていたスタイルですが、それでワンステージすべてやるというのは最近の取り組みのひとつですね。

 

選曲は最新のTabula Rasaからがメインで、このアルバムはもともとアコースティック楽器の音色が印象的な楽曲が多かったこともあり自然に溶け込んでいました。
「いきている」などは非常にすっきりしたサウンドなのですが非常に濃密。
「ミネルヴァ」では鳥のおもちゃがドラムに組み込まれてビートを演出するといった面白要素もありました。
「塔」「レントゲン」といった懐かしい曲で第1部終了。Weather Reportの楽曲は聴けば聴くほどよくなってきますね…。

 

第2部は「装置」でのベースのアルコが印象的でした。「きみは考えを変えた」もかなり好きな曲だったのでうれしいところ。即興感のあるベースフレーズにドラムが絡み、ピアノが装飾していく…というトリオ編成のうまみが詰まっている気がします。
「風景を一瞬で変える方法」「懐胎した犬のブルース」といった比較的プログレテイストな曲はアコースティックでやると室内楽的な響きになってこれも面白いですね。
最後は「かみさま」で締め。原曲だと埋め尽くすような音の壁が多幸感を演出していましたがアコースティックだとドラムのパーカッション的アプローチ(シンバルのクレッシェンドなど)により空間が演出されていました。

 

とてもよいライブでした。やはりPITBはアレンジもそうですが楽曲の芯がしっかりしているのでどんな料理をされてもおいしいですね。次は会場に行きたい…。。

 

三柴理「三柴理ピアノソロ 無観客配信ライブ broadcast from jirokichi 2020/07/25」

エディこと三柴理さんの配信ライブを観ました。

 

■セットリスト
01.?
02.夜歩く(三柴理)
03.前奏曲 第14番(D.ショスタコーヴィチ
04.ソナチネ(A.ホヴァネス)
05.森の妖精(三柴理)
06.Alienation(The金鶴)
07.Offside(The金鶴)
08.Romarin(The金鶴)
09.一日一日(三柴理)
10.トロイメライ(R.シューマン)

 

筋肉少女帯などで活動するピアニスト三柴さんのソロ配信ライブ。
最近リリースしたアルバムの曲を交え、落ち着いた楽曲が多く演奏されました。

 

1曲目は即興的な演奏を含む楽曲。打ち込みやベースの同期が流れていたのでThe金鶴の曲かな?と思いましたが曲名わからず…。続いて三柴さんの曲の中でも特に有名な「夜歩く」。これはドラム、ベースが同期で流れる上にピアノ演奏というスタイル。やはりこういったビートの上で縦横無尽に駆け巡るプレイ、素晴らしいですね。

 

続いてはショスタコーヴィチやホヴァネスといったややマニアックなクラシック作品。いずれも重厚な響きの楽曲で、特にホヴァネスは日本に影響を受けた楽曲らしくわびさびが感じられるおもしろいものでした。三柴さんはマニアックなクラシック曲や現代音楽の楽譜もいろいろと集めているということで、最新アルバムもタネーエフなどあまりなじみのない作曲家も幅広く取り入れられていました。

 

MCを挟んで森の妖精とThe金鶴の楽曲群。特にThe金鶴の楽曲はBGMとして作られたフレーズなどをもとにしていることもあり、情景が浮かぶようなきれいな楽曲、演奏でした。森の妖精、一日一日といった曲は過去のソロアルバムに収録されている三柴オリジナル曲。丁寧な演奏が心地よいですね。

 

最後は最新アルバムからトロイメライ。オリジナル曲のように硬質な低音を利かせた楽曲もいいですがこういったアゴーギグをたっぷりきかせる曲を三柴さんの演奏でというのはある意味新線でした。

 

おだやかな人柄を感じさせる心地よい配信でしたね。またやってみてほしいです。

そしていつか「ピアノのなせる業と神髄」を再発してほしい…。

cali≠gari「カリ≠ガリの実況放送 無人座 -全席最前- 2020/06/07」

カリガリの1回目の配信ライブを観ました。
(書いたつもりでブログ書いてなかった…って、あるよね…)

 

■セットリスト
01.-踏-
02.トカゲのロミオ
03.晴天仕掛けのルサンチマン
04.ハイカラ・殺伐・ハイソ・絶賛
05.淫美まるでカオスな
06.マッキーナ
07.薫風、都会、行き行きて
08.ウォーキング!ランニング! ジャンピング! フライング!
09.ミッドナイト! ミッドナイト! ミッドナイト!
10.夏の日
11.蜃気楼とデジャヴ
12.空想カニバル
13.夢遊病
14.オーバーナイトハイキング
15.この雨に撃たれて
16.せんちめんたる
17.マネキン
18.いつか花は咲くだろう

 

En.
19.ゼロサムゲーム
20.サイレン

 

初回放送では映像トラブルにより音声・映像にラグがある状態での視聴となりましたがアーカイブでは問題ないものに差し替えられ綺麗な映像で楽しむことができました。

 

内容は「夏のカリガリ」といったセットリストで、とくに薫風~蜃気楼あたりは夏モードでしたね。演奏やパフォーマンスはとても良く、無観客により演奏への集中の比重が高まっているのを感じました。サウンドのキレがいいのは細部まで聞こえる配信という媒体にも向いていてよかったと思います。

 

オーバーナイトハイキングではまさかのライブハウスから出てドリンクを買う様子を生中継という、無観客でしかありえない荒業も披露。こういうアイデアはさすがですね。「いつか花は咲くだろう」でエモーショナルに本編終了。

 

アンコールではゼロサムゲームからのサイレンといった轟音系の楽曲で締めとなりました。私のライブ鑑賞スタイルがもともと後ろでゆったりなものですから配信でもそこまでライブ体験の魅力が目減りした感じはないのですが、やはりこういった楽曲の「音を浴びる」みたいな感覚はその場にいないと味わいつくせないので恋しいですね。

cali≠gari「カリ≠ガリの実演放送 無人座Ⅱ -ストリーミング♥️エロチカ2020- 2020/07/07」

カリガリの2回目の配信ライブを観ました。

 

■セットリスト
01.ゼリー
02.エロトピア
03.ミルクセヱキ
04.君が咲く山
05.37564。
06.せんちめんたる
07.ポラロイド遊戯
08.発狂チャンネル
09.ブルーフィルム

 

En.
10.冷たい雨
11.グッド・バイ
12.サイレン
13.嘔吐
14.SEX ON THE BEACH(カバー)

 

20年前のVo石井加入後初ライブと同内容のセットリストとのことで、当時の楽曲群が並びます。
なお、この放送は同時にメンバーによる副音声も配信されていましたが、初見で副音声付きだとライブに集中しきれないという側面もあることがわかりましたね。どちらにせよ何回か観るつもりだったので問題ないですが…。

 

特にミルクセヱキで顕著だったのですが、青さんの「気持ちが悪い音づかい」でのギターの精度が非常に高かったのが印象的でした。配信ライブだと細部まで見えやすいのでとても心地よい気持ち悪さを堪能できましたね。村井さんのベースもせんちめんたるの最後など随所で今までにないようなフィルを入れ込んでいたりと演奏もとても楽しめるライブでした。

 

発狂チャンネルやブルーフィルム、嘔吐など、近年のライブではレアになりつつあった楽曲たちをたくさん聴けたのもよかったです。初期と現在ではかなり音楽性も変遷してきたカリガリですが、いずれの時代の曲も実験性にあふれていて楽しいですね。

 

アンコールではカバーも披露。
「ブルーフィルム」の発売20周年に合わせて再録版をリリース予定とのことで、このカバーも収録されるようです。そちらも楽しみ。

2020上半期ベストアルバム

アルバム編です。

 

長谷川白紙「夢の骨が襲いかかる!」

 

THE NOVEMBERS「At The Beginning」

 
Gezan「狂(KLUE)」

 

DIMLIM「MISC.」

 

妖精帝國「the age of villains」

 

MUCC「惡」

 

...And Oceans「Cosmic World Mother」

 

Elder「Omens」


Oranssi Pazuzu「Mestarin kynsi」

 
Azusa「Loop of Yesterdays」

 

Cryptex「Once Upon a Time」

 

徳澤青弦、林正樹「Drift」

 

東京佼成ウインドオーケストラシンフォニア・ノビリッシマ」

 

テオドール・クルレンツィス「交響曲第5番ベートーヴェン)」

 

X.Y.Z.→A「Wonderful Life」 

WONDERFUL LIFE(豪華盤)

WONDERFUL LIFE(豪華盤)

  • アーティスト:X.Y.Z.→A
  • 発売日: 2020/03/25
  • メディア: CD