読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cali≠gari「TOUR2016 "憧憬、睡蓮と向日葵" at EX THEATER ROPPONGI」

いつものツアーファイナルだと思っていたら最上級のショーをブチかまされました。

□セットリスト
01.ギラギラ
02.マネキン
03.-踏-
04.トレーションデモンス
05.蜃気楼とデジャヴ
06.陽だまり炎
07.薫風、都会、行き行きて
08.颯爽たる未来圏
09.コック ア ドゥードゥル
10.オーバーナイトハイキング
11.冷たい雨
12.夏の日
13.嘔吐
14.紅麗死異愛羅武勇
15.マッキーナ
16.淫美まるでカオスな
17.アレガ☆パラダイス
18.セックスと嘘
19.ENGAGING UNIVERSE(SOFT BALLETカヴァー)
花結い、セッション
20.憧憬、睡蓮と向日葵

En.
21.みんなのはっきょう
22.混沌の猿
23.ギラギラ
24.クソバカゲミゲロ

3時間弱の濃密なライブ。
最新ミニアルバム「憧憬、睡蓮と向日葵」の楽曲を中心に、夏っぽい曲で固められたセットリストでした。

いつもどおりメンバー達の衣装もかっこよかったのですが、特にGt桜井青さんの気合の入りようが半端ではありませんでした。
青さんは昔の楽曲でいつも奇抜な動き(操り人形のような)をしながらギターを弾くパフォーマンスをするのですが、今日はかなりエレガント成分多め。
「蜃気楼とデジャヴ」のイントロでのステップなどは森岡賢さんが見えるようでした。

会場の幕やスクリーンを十二分に活用して映像を流しながらの演奏は非常に効果的で、描写的な楽曲がかきたてるイメージを視覚が補強するような構成。
以前からある楽曲群も本日用に大規模なアレンジが施されており、新鮮に聴くことができました。
Keyの秦野猛之さんとSaxのyukarieさんという布陣はカリガリにおいてもはや鉄板ですね。
「嘔吐」などはかなり久しぶりに聴いた気がします。Ba村井さんのスラップは最高にかっこ良かったです。

ライブ終盤ではまさかのSOFT BALLETカバー。
これは少し前に亡くなった森岡賢さんに捧げる演奏だったのでしょうか。
SOFT BALLETも好きな私としては非常に嬉しく、感動的で、同時に彼らの演奏の中に森岡さんの影を見出して寂しくなりました。

おそらく休憩を兼ねた花結い(モデルさんとVo石井さんの髪に花束から切り出した花で装飾を施していく)の後は、「憧憬、睡蓮と向日葵」でしっとりと本編終了となりました。
スクリーンには「アンコールは5分後」の文字…。

5分後、スクリーンから文字が消えたと思ったらこの日発売予定だった会場販売CDの延期についての映像が流されました。
テレビ番組風に仕立てあげられた、この人を喰ったような演出…ボビイズムの復活を感じました。この転んでもただでは起きない感じ、好きです。

続けざまにアンコール。
出てきた桜井はなんとウェディングドレス姿(ジューンブライドだから)。
暴れ曲を続けざまに演奏し、ライブは終了となりました(ギラギラは本日2回目)。

カリガリの色々な面を楽しむことが出来た、素晴らしいライブだったと思います。
ステージも花道が四角に構成され、メンバー達を間近に観ることが出来たのも嬉しかったです。

今年は9月にまたツアー(といいつつ東京で連続だったりしますが)をやるようなので、また行きたいですね。