Cryptopsy「Japan Tour 2019 @ 代官山UNIT」

クリプトプシー来日!
私が初めてハマったデスメタルバンドが来日したので観に行きました!

 

■セットリスト
01.Crown of Horns
02.Detritus (The One They Kept)
03.Slit Your Guts
04.Cold Hate, Warm Blood
05.Two-Pound Torch
06.Graves of the Fathers
07.Fear His Displeasure
08.Benedictine Convulsions
09.Phobophile

 

En.
10.Sire of Sin
11.Orgiastic Disembowelment

 

名盤2ndの曲が多かったですね。
前に演奏したほかのバンドもドラムは相当の激しさだったのですが、フロ・モーニエのドラムでまず感じたのはバスドラムが「敷き詰められている」ということ。連打というよりはカーペットのように常にそこにあるという感じでサウンドを支配しており、5曲目くらいでやっと耳がなじんで聴き分けられるようになってきました。

 

名盤None So Vileの楽曲はやはり盛り上がりもすごく、いきなりCrown of Horns、新曲をはさんでのSlit Your Gutsの流れは圧倒されました。ギター1人の4人編成ですがサウンドの薄さは全くなく、邪悪なリフと流麗なソロが存分に堪能できました。この日は全体を通して音響も結構よかったと思います。各パートしっかり聞こえました。

 

Cold Hate, Warm Bloodはやはり最高。Voのマット・マギャキーは例のクリーンボイス入りアルバムをどうしても思い出しますが、実際見ると様々な声色を使い分け各時代の楽曲を歌いこなしており素晴らしかったです。
特に高音域を使った声はかなり邪悪度が高かったですね。

 

Phobophileはやはり皆思い入れが強いようで、ピアノが聞こえたと同時に大歓声。途中の決めフレーズで早くなるところなど、生演奏で聴くことができて悶絶ものでした。

 

アンコールは2曲でOrgiastic Disembowelmentで締め。やはりテクニカルな部分にばかり目が行きますが、このバンドのすごさはプログレッシブな曲展開とアレンジの幅の広さだなと再認識させられました。これだけ複雑な曲をピタっと合わせながら爆走していくのはもう笑いがでるほどでしたね。

 

11曲たっぷり演奏してくれましたが本音を言えばもっともっと聴きたい!2nd以外の曲も最近の曲ももっと聴きたい!ぜひまた来日してほしいですね。Book Of~の3部作が完結したら来てくれるかな…?

 

 この日の全バンド分のセトリのプレイリストつくりました。

ほんと便利な時代になりましたね…。

桜井青「28歳セカンドシーズン生誕祭「桜井青のすべて」 @ 新宿LOFT」

定時退社ダッシュして青さんの生誕祭に行ってきました!

 

cali≠gari
01.いつか花は咲くだろう
02.汚れた夜
03.この雨に撃たれて
04.冷たい雨
05.発狂チャンネル
06.嘔吐
07.失禁
08.ヘルニア
09.サイレン
10.クソバカゴミゲロ

 

トップバッターはカリガリ。前半は青さんの満足度の高い楽曲群が並び、後半はなんでこんな曲作っちゃったんだろうというぶっ飛び曲群。MCでは最近丸くなり過ぎていたという発言もあり、まだまだ攻める青さんが見れそうです。しかしメンバー間でのやりとりマジで楽しいからもっと普段も全員喋ってほしいんですよね…。


■ヘクトウ
01.新宿の犬
02.新宿は燃えているか
03.風鈴
04.明日は何して遊ぼうか。
05.東京負け犬エレジー
06.クチナシ
07.蛍の光

 

ヘクトウはXA-VATとの対バンぶりに観ました。ミニアルバムも発売したのでその楽曲も何曲か。カリガリよりもストレートにロックな曲が多いと思いきや「明日は何して遊ぼうか。」のような曲もできてしまうという振れ幅の大きさがこのバンドのすてきなところだと思いますね。蛍の光のアレンジも楽しくてよかったです。


■桜井青
01.TANGO IN EDEN

 

カリガリが押したため1曲だけになったソロステージはSOFT BALLETカバー。INCUBATEのジャケ画像のTシャツを着用し、完全にソフバファン仕様でした。先日の森岡賢さんライブでも思ったんですが、カリガリによるSOFT BALLETカバーアルバムとか欲しい…。サウンド面と理解度面でそれができるバンドでカリガリの右に出るバンドってなかなかいないのではと思うので…。


■LAB.THE BASEMENT
01.だけど朝日は今日も咲き誇る
02.ブラインドエモーション
03.狂い蝉が叫んだ朝に
04.東京犬

 

最後はラボ。いつもの楽曲群ではありますがやはり「狂い蝉が叫んだ朝に」は何回聴いても感動しますし何回でも聴きたくなりますね。


長丁場でしたがとても楽しくあっという間のライブでした。月末なので平日の年は参加するのが難しくなってきていますが(月末処理で定時退社がむずかしくなってくるため)これからも参加していきたいですね。

cali≠gari「祝・活動休止十六周年記念! 『10years』 @ 豊洲PIT」

 

カリガリの復活10周年に行ってきました。
私は復活直後からのファンなので私のファン歴もほぼ10年ということですね。

 

■セットリスト
01.-踏-
02.娑婆乱打
03.マネキン
04.トイレでGO!
05.天国で待ってる
06.トゥナイトゥナイ ヤヤヤ
07.蜃気楼とデジャヴ
08.暗中浪漫
09.暗い日曜日
10.東京、40時29分59秒
11.空想カニバル
12.誘蛾燈
13.ゼリー
14.紅麗死異愛羅武勇
15.淫美まるでカオスな
16.マッキーナ
17.混沌の猿

 

En1.
18.この雨に撃たれて
19.いつか花は咲くだろう

 

En2.
20.ゼロサムゲーム
21.飛燕騒曲
22.-187-
23.ヘルニア
24.クソバカゴミゲロ
25.エロトピア

 

楽しかった!内容はたっぷりでしたが体感速度はマッハでした。

 

序盤は10年を一気に振り返るようなカリガリヒットパレードといった感じ。踏にはじまり娑婆乱打、マネキン、トイレ、天国とMV曲が続きました。こうしてみるとやはり即効性とパンチのある曲ばかりだったな、と思いますね。マネキンなどはツーバスを踏みまくったフィルなどを中西さんが叩き込んでおり、新鮮でした。

 

久しぶりに聞けてうれしかった「トゥナイトゥナイ ヤヤヤ」を挟んで蜃気楼、暗中浪漫と続いたあとはもうすぐ送られてくるはずのFC特典曲「暗い日曜日」。ミドルテンポで流れるようなメロディが心地よい、Vの香りを感じる楽曲でした。

 

超スペイシーなイントロでドキドキした東京~のあとはこれまた久しぶりな気がする空想カニバル。この曲はカリガリランドでのテイクが思い出深いですね。一定の温度感で進みつつもサビで決めていく感じは癖になります。続く「誘蛾灯」は毎回ベースにくぎ付けになります。この曲のべたべたなギターソロ好きなんですよね。

 

ゼリーでは秦野さん、yukarieさんのプレイが存分に堪能でき楽しかったです。カリガリはフリー部分が各メンバの技が楽しめて面白いですよね。淫美、マッキーナ、猿で本編終了。

 

アンコールではまず特報が流れ、メジャーでの活動が発表されました。冷たい雨シリーズに連なる雨三部作として「この雨に撃たれて」のタイトルが発表されると同時に幕が落ちアンコール開始。シリーズの今までの曲と比べアップテンポで明らかに雰囲気が異なりつつもだんだんとテンションを挙げて頂点を迎えたあとに少し落ち着いて終わりという構成。この路線で来るとは思っていなかったので非常に驚きました。語弊を恐れずに言えば「タイアップとかとれそうな曲」です。続く「いつか花は咲くだろう」でいったん終了。

 

ダブルアンコールは6曲の大ボリューム。ゼロサムに始まりぶっ飛び系の楽曲が連続で披露されました。中でも注目はこの日発売の「ヘルニア」で、痛い痛いと連呼していく楽曲はおもしろくもかっこよいものでした。最後はエロトピア。これで終わるのって久しぶりな気がしましたね。

 

嬉しい告知もありでとても楽しいライブでした。この雨に撃たれての発売が待ち遠しいな…。

COALTAR OF THE DEEPERS「25 TH ANNIVERSARY “THE VISITORS FROM DEEPSPACE” TOUR 2019 @ 吉祥寺 CLUB SEATA」

ディーパーズの初期メンバーによる1stアルバム25周年記念ライブに行ってきました!

 

■セットリスト
01.Amethyst
02.Your Melody
03.Earththing
04.Thrash Up Disturbace #4
05.Cell
06.Sarah's Living For A Moment
07.The Visitors
08.Charming Sister, Kiss Me Dead!!
09.Snow
10.My Speedy Sarah
11.Submerge
12.When you were mine
13.Summer Days
14.Blink

En.
15.Killing an Arab

 

定時退社ダッシュして会場に着くとすでに満員。オープニングアクトが演奏中でしたが中に入る余裕がなくバーのところで観ていました。

 

ディーパーズが始まると会場のテンションは最初から最高潮。初期の楽曲群はどれもテンションが高く、とくにカンノさんの嵐のようなドラムには終始圧倒されました。最近の楽曲よりも手数足数が多めの激しい楽曲たちをガンガンと押し出していくようで、バンドのエンジンという感じでしたね。

 

The Visitorsはかなり尺を長くとり即興演奏が繰り広げられました。即興とはいえ決め所もあり、また各々のサウンドの方向性がかみ合うことで非常に面白い空間になっていたと思います。

 

ギターも素敵で、NEGISHIさんの切れ味鋭いリフと高取さんのエモーショナルなメロディが多彩なサウンドを演出していました。「新しめの曲」といってのSubmergeも激アツでしたね。

 

あっという間にBlinkまで駆け抜け、本編終了。現行メンバーのディーパーズもテクニカルでカッコいいのですが、衝動あふれる初期メンバーのディーパーズも最高ですね…。

 

アンコールはKilling An Arab。NARASAKIの声も絶好調でヘヴィ。あらためて聴くとこの曲、短い中にめちゃくちゃ展開詰め込んでますよね。

 

それにしてもあっという間のライブでした。今年は特撮もあるようだしNARASAKIさんのライブがたくさん見れてうれしいですね!

東京佼成ウインドオーケストラ「第144回定期演奏会」

吹奏楽を聴いてきました。

 

01.鳳凰が舞う-印象、京都 石庭 金閣寺真島俊夫
02.壁(ベトナムで戦った人たちの想い出)(R.ジェイガー)
03.トーンプレロマス55(黛 敏郎)
04.シンフォニック・レクイエム(V.ネリベル)

 

TKWOの定期演奏会に行ってきました。
指揮は正指揮者の大井剛史さん。

生誕70年、80年、90年、100年の作曲家を集めたプログラミングで、選曲もなかなかハード。楽しみにしていました。

 

鳳凰が舞う」はエンジンがかかるまで少しかかった印象でしたが、スケールの大きな音楽を聴かせてくれました。コンクールなどでも聴くことの多い曲ですが、流石のダイナミクスレンジの広さとストーリーの構成。また違った良さを知ることができたように思います。

 

ジェイガーの「壁」はアルトサクソフォンが重要な役どころでした。様々な楽器に音が引き継がれたりとサウンド的に見どころが多く、前の楽器が伸ばす音の響きの中から次の楽器が入ってくるような箇所が多々ありました。またTKWOのうまいこと。楽器間の音のつながりがわからないほどスムーズに切り替わる箇所もあり、ただただ圧倒されました。

 

「トーンプレロマス55」はのこぎりを含む変則的な編成で、サイレンなど緊迫感のある音楽かと思いきや突然マンボが出てきたりと面白い曲です。このマンボセクションはサックスセクションが大活躍なのですが、この曲の独特の温度感がよく出ていたように思います。

 

「シンフォニック・レクイエム」は35分ほどある大作で、1楽章は交響的断章などのネリベルに近く鍵盤系の打楽器や強奏の金属的なサウンドがかっこよく、2,3楽章はパートを絞っての異なる響き。最後は歌も入っての終楽章という構成でした。終楽章ではオフステージから金管群の響きが聞こえ、歌と対話させているようなパートもあり、幻想的でした。

 

シンフォニックレクイエム、面白かったのでまた聴きたいんですが、調べても全然音源ヒットしないんですよね…CD化…お願いします…。

オーケストラ・トリプティーク「ヒーローオーケストラ/チャージマン研!ライブシネマ・コンサートVol.3 @ 渋谷区文化総合センター」

チャー研コンサートまさかの3回目。

 

■セットリスト
01.宮内國郎ウルトラマン』主題歌
02.冬木透『ウルトラセブン』主題歌
03.冨田勲『マイティジャック』主題歌
04.渡辺岳夫ガンダム組曲
05.菊池俊輔ドラゴンボールZ組曲
06.渡辺宙明『レーザーブレードメドレー』
07.宮内國郎チャージマン研!組曲

08.第16話『殺人レコード恐怖のメロディ
09.第23話『恐怖!精神病院』
10.第25話『雄一少年を救え!』
11.第4話『謎の美少年』
12.第35話『頭の中にダイナマイト』

 

前半はヒーローもの。今までのチャー研コンサートでも主題歌などはありましたが、男声コーラスや児童合唱もガッツリついたのが今回のポイント。やはり歌ものは歌が付くと説得力が違いますね。

ガンダム組曲ドラゴンボールZ組曲も面白く、レーザーブレードもかっこよくて楽しく聴くことができました。

 

チャージマン研!組曲では演奏の背景に名シーンの画像が次々と映し出されるという仕掛けで、その場面のチョイスがまた流石。思わず笑いが出てしまいました。

休憩をはさんでライブシネマパートでは第23話、第25話が初披露されました。全体を通して今回はさらに原作との音楽のシンクロ度が増していたように感じられ、ボルガ博士etc.役の佐藤さんもさらに作品のテンポに乗って演じられていたように思いました。

 

しかし「この空間にいる人たち、みんなチャー研聴きに来てるんだよな…」という感覚が毎回凄いですね。いったん今回で一区切りとのことですが、また機会があれば見たいものです。

森岡賢「“last flower” KEN.MORIOKA forever @ 新宿ReNY」

森岡賢さんの追悼コンサートに行ってきました。

 

■セットリスト

01.America
02.Danse Macabre
03.Earth Born
04.Believe Myself
05.Superb Saw
06.Alvhemy
07.Drop Here
08.Twist of Love
09.ZERO
10.Celebration
11.With You
12.Bright My Way
13.Why you said goodbye
14.Dance a go go
15.Always need your love
16.FAT
17.ROMAN
18.BODY TO BODY
19.淫美まるでカオスな
20.FINAL
21.ENGAGING UNIVERSE
22.AFTER IMAGES
23.Last Flower
24.Last Song
 
森岡さんゆかりの方々によりSOFT BALLET森岡賢ソロの楽曲が多数演奏されました。宙也さんの低音ボイスやChargeeeeeさんのパワフルなドラム、keiさんの流麗なギターは全編を通して強く印象に残りました。
 
kayaさんによるEarth Bornも最高。原曲の音素材がなかったためこの日のためにトラックを作り直したとのことで気合のほどがうかがえますが歌唱もすばらしく、艶のある低音に痺れました。
 
KōziさんやYOKO'JKさんをVoに迎えての箇所も素晴らしく、出演者のみなさんが楽曲への愛情を持って演奏されていることがよくわかりました。やはり森岡さんの楽曲のメロディは個性的で心地よく、続くソドムによるステージでは楽曲のカッコいい一面も改めて確認することができました。
 
遠藤さん風の恰好での掟ポルシェさん歌唱では当時の思い出を交えながら、演奏するたびにキーを忘れていたから、とライブ版としての1音上げでWith youを披露するなどマニアックさを見せてくれました。
 
URBAN DANCEは森岡さんも参加した曲を含めオリジナル曲のあとにAlways need you loveを披露。一瞬で空気を持っていく力を感じ、また選曲や演奏にしんみりとさせられました。
 
ラストスパートはふたたび宙也さんVoでたたみかけ、BODY TO BODYでいったん休憩。NARASAKIさんがBERAさんのギターを弾くシーンもありました。しかしBODY TO BODYは本当に盛り上がりましたね。
 
休憩をはさんでカリガリによる淫美まるでカオスな。カリガリのワンマンで幾度となく聞いたこの曲ですが、この日はドラムが上領亘さん。正確無比なのに暴れているような両極を持つようなドラムに圧倒されました。青さんによるカリガリはここまで、というMCのあとはSOFT BALLET曲を3連発。FINALのがなるようなシャウト、ENGAGING UNIVERSEの伸びやかな低音など、遠藤さんをかなり意識した歌いっぷりとステージングにひたすら感動しました。最後はAFTER IMAGES。私の周りにいた方々も一緒に口ずさんでいましたし、各々がSOFT BALLETの思い出に浸ることができるとてもよい時間だったと思います。
 
最後は宙也さんをはじめとするシンプルなメンバーでLast Flowerを演奏して締めとなりました。終演後はSOFT BALLETのライブ映像でLast Songが流れ、優しい気持ちでライブ終了を迎えることができました。
 
終わってみれば3時間の長丁場でしたが、とても楽しく貴重な時間だったと思います。本当に行ってよかった。そして今後も森岡さんの音楽は聴き続けていきたいと思います。