Watain & Anaal Nathrakh「Japan Tour 2019 @ duo Music Exchange」

Anaal Nathrakhの来日に行ってきました!!
開演時間は17:30。私の終業時間は17:30。
そんなん間に合うわけないだろ!!

 

というわけで会場に着いた頃には2バンド目のエセリアルシンがもうあと数曲という状態。
Yamaさんの渾身のシャウトを聴きつつ、ANに向けて呼吸を整えるなどしました。

 

■Anaal Nathrakh
01.The Road To...
02.Obscene as Cancer
03.Monstrum in Animo
04.Depravity Favours the Bold
05.Hold Your Children Close and Pray for Oblivion
06.Forward!
07.Bellum Omnium Contra Omnes
08.In the Constellation of the Black Widow
09.Forging Towards the Sunset
10.More of Fire Than Blood
11.Between Shit and Piss We Are Born
12.Do Not Speak
13.Idol
14.The Joystream

 

Anaalは初来日のときも見に行ったんですが、とにかく音がぐちゃぐちゃで全然細部が判別できないな…というちょっとした残念な記憶がありました。
が、この日のAnaalはとにかく音がよかった!各パートちゃんと聴こえるのでそこまで聴き込んでない身でも曲がちゃんとわかってとても楽しかったです。

 

新作もとてもよかったので期待していきましたが、期待通りの最高のライブでした。前作の肝だった「Depravity Favours the Bold」もテンションあがりましたし名曲のBlack WidowやSunsetなどもよかった。

 

声もかなり出ていましたが、アクションをつけながら歌うのでマイクが離れると少し聴きとりづらくなる局面もありました。しかしMCのゆるさも含めとても楽しい空間でした。

 

それにしても新作の中でもForward!のインパクトときたら。先行トラックとして発表された当初は少し単調かな?と思っていたのですが、妙に頭にこびりつくんですよね、このリフ。
この曲の前に「次は新作から…」というMCがあったのですが、ものすごい声援にバンド側も心底嬉しそうでした。

 

■Watain
01.Storm of the Antichrist
02.Nuclear Alchemy
03.The Child Must Die
04.Puzzles ov Flesh
05.Furor Diabolicus
06.Sacred Damnation
07.Underneath the Cenotaph
08.Malfeitor
09.Towards the Sanctuary
10.Sworn to the Dark
11.The Return of Darkness and Evil
12.The Serpent's Chalice

 

ゆるいAnaalに比べWatainは儀式という感じ。
あまり予習はせずに臨んだのですが、出音の一発目からわかる演奏力とクオリティにはぶっ飛ばされました。

 

ブラックメタルといいつつスラッシュにも通じそうな攻撃力の高いリフを張り巡らせ疾走するスタイルは見た目より数段とっつきやすく、音の洪水にトリップ感をおぼえました。


このバンドは衣装に動物の血液をしみこませることがあるらしく、この日もそうだったのかは定かではありませんがライブ中はほのかに漂う異臭が会場全体を包んでいました。勘違いかと思ったんですがみんな感じていたようだったので…。

 

ともあれ楽しいライブでした!メタルはやっぱりいいぞ。

 

cali≠gari「25th Caliversary”1993-2019″ TOUR 14 -The time is out of joint-  @ F.A.D YOKOHAMA」

カリガリの14ツアー、2回目行ってきました。

 

■セットリスト
01.動くな!死ね!甦れ!
02.マシンガンララバイ
03.ゼロサムゲーム
04.火葬遊戯
05.トカゲのロミオ
06.汚れた夜
07.-踏-
08.オーバーナイトハイキング
09.「依存」という名の病気を治療する病院
10.カメラ オブスキュラ
11.天国で待ってる
12.拝啓=BGM
13.セックスと嘘
14.ファニソン
15.淫美まるでカオスな
16.マッキーナ
17.飛燕騒曲
18.-187-
19.いつか花は咲くだろう

 

En.
20.深夜、貨物ヤード裏の埠頭からコンビナートを眺めていた
21.死は眠りを散歩する
22.エロトピア
23.クソバカゴミゲロ

 

この日は全体的にMC少な目でシリアスな雰囲気でした。
トカゲのロミオ冒頭のフレーズがちょっと変化してきてたの面白かったですね。

 

「依存」「エロトピア」とレアな曲も多く、お得感のある内容でした。MCタイムでは使い捨てカメラをメンバーたちが使いまくるという実験的な内容。こういうときにいろいろやりたがるのが石井さんというのも面白いですよね。

 

アンコールの貨物ヤードから死は眠りを~への重い楽曲の畳みかけは素晴らしく、余韻に浸っていたらまさかのエロトピアで歓喜しましたね。随分フリも廃れてきた気がするなあ…。

 

「いつか花は咲くだろう」最高な曲がさらにどんどん最高になってきているので、ファイナルも楽しみですね。

「Italian Melodic Fest 2019 @ Duo Music Exchange」

イタリアンメタルに浸かってきました。

 

■Allegiance Reign


日本のバンド。初めて見ましたが確かな演奏力にYAMA-Bさんタイプの勇壮なハイトーンボイス、そして武士メタルという面白さも相まってとても楽しいステージでした。

 

TRICK OR TREAT
01. What’s my destiny Dragonball
02. Jeeg robot d’acciaio
03. Loser Song
04. The Great Escape
05. Evil Needs Candy Too
06. Daitarn 3
07. Pegasus Fantasy
08. United

 

Secret Sphereと一緒に来日したときにも観たので2回目。バンド名からもわかるようにHelloween直系のハッピーメタルですが、今回は去年リリースされたアニメソングカバーアルバムからの曲が多め。カバーアルバムではイタリア版の曲のカバーが多く、日本人には馴染みが薄かったですが、鋼鉄ジーグなどは日本と同じ楽曲で盛り上がりましたね。トワイライトフォースに加入したアレッサンドロ・コンティの歌唱は相変わらず素晴らしく、軽やかにハイトーンを出す様にはほれぼれしました。

 

■ELVENKING
01. Invoking the Woodland Spirit
02. Draugen’s Maelstrom
03. The Wanderer
04. Pagan Revolution
05. The One We Shall Follow
06. Elvenlegions
07. The Divided Heart
08. Neverending Nights

En.
09. The Loser

 

初めて聞きましたが、パワーメタルにフォーク・ペイガン要素を詰めた風の音楽性。特にペイガンメタル部分での踊らせ方がすばらしく、特に「The Wanderer」は最高でした。珍しい形のエレキヴァイオリン(フィドル?)もよいアクセントになっており、より民族音楽らしさを強調していましたね。すっかりファンになりました。

 

■LABYRINTH
01. Moonlight
02. New Horizons
03. The Night of Dreams
04. Lady Lost in Time
05. State of Grace
06. Heaven Denied
07. Thunder
08. Feel
09. Time After Time
10. Falling Rain
11. Die For Freedom

En.
12. In the Shade

 

Rhapsodyには知名度こそ負けるものの、クサメロ度合いでは肩を並べるイタリアンメタルバンド。名盤の名高い2ndの完全再現ライブでした。特に冒頭のMoonlightの高揚感はすばらしく、ブレイクの「Moonlight」の合唱もキマリましたね。演奏は正直粗めで、勢いで押し切る感はありましたが、それでもロベルト・ティランティのハイトーンボイスは圧巻。少し後ろノリのタイム感で引き上げるように出す超高音はライブでも健在で、とても興奮させられました。Secret Sphereのミケーレ・ルッピといい、イタリアのハイトーンシンガーはライブで音源よりも上の音にアレンジしてくるのですごいですね。

 

すべてのバンドで最高のクサメロを堪能できる素晴らしいイベントでした。満足です。

CDに頼るのを諦めてspotifyにコンニチハした話

高校時代からコツコツとCDを集めてきましたが、そろそろ限界を感じていました。

増え続ける好きなバンド、肥大化する部屋内のCD領域。なんだこれは、CDの部屋に俺が住ませてもらってるんじゃないのか?

 

私の音楽環境はPCではiTunes、外出時はiPod Classicに頼り切っていましたが、iPod Classicがいつ壊れるかに怯えながら暮らしていました。

なんとかしなければ…。

 

きっかけは携帯会社のセールでした。ZTEのM Z-01K(見開き2画面スマホ)が700円弱。2画面スマホ電子書籍ユーザーとしても気になっていたところ。これをサブ機にして音楽再生・ゲーム・電子書籍専用端末に仕立てればよいのでは…?

 

結果としては大成功。この1週間、iPod Classicは一回も起動していません。

ではspotifyに移行した内容と良かった点を書いていきますね。

 

・音楽の移行

spotify+iSyncr+poweramp

 

まず、サブスクリプションに登録されている楽曲群はspotifyに頼ることにしました。幸い通信量はだいぶ余らせるような使い方をしていたので、通信量については心配ありません。私の主食は洋楽メタルなのですが、かなりの数が取り揃えられているのもポイントが高かったです。つい最近悩みに悩んで買ったSoiilworkとか、中古を探しまくって集めたCradle of Filthとかが探したらヒョイっと出てきたのにはショックを感じましたね。

 

それでも、やはりサブスクリプションに登録されていない楽曲はかなり存在します。邦楽に多いのですが、バンプオブチキンカリガリの旧作、インディーズバンドやボーカロイド同人音楽などはどうしてもそうなってしまいます。

 

そこで、サブスクリプション外の音源は今までの資産であるiTunesを活用することにしました。iSyncrというソフトを使用してAndroidiTunesを同期させ、powerampで再生するという作戦です。コピーだけならソフトなどいらないのでは?とも思われますが、i

SyncrはiTunesのプレイリスト単位でファイルを転送することができ、iPodの同期と非常に似た使い心地なんですね。poweramp側もプレイリスト形式を読み込むことができるため、これでほぼiPodと同じ使い勝手を確保することができました。

 

・移行してよかったこと

なんといっても「ちょっと気になる」レベルの楽曲を即時、フルで聴けるというのが非常に大きいです。今のところ特に効果を発揮しているのはライブの予習・復習のときで、メタルバンドAが来日する時にサポートでメタルバンドBが来日する、というような場合。目当てがAだけでBはあまり楽曲を知らない、となった時にサクッと聴いてみることができるのはとても助かります。私はsetlist.fmも併用して直近のライブのセットリストを確認しそのプレイリストを作成することで、当日やりそうな曲を確認するという使い方をしています。さらには終演後にセットリスト通りのプレイリストを作ることで楽曲のおさらいもできますし、本当に便利ですね。

 

また、Shazamとの連携も侮れません。Shazamは道端でかかっている曲をスマホに聞かせることで曲名を教えてくれるアプリですが、spotify連携機能もあるので、タワレコやライブ会場でかかっている曲にビビッときたらその場でShazam検索→spotifyプレイリスト入りのコンボができるんですね。これは強い。いつもだったら帰宅したらビビッとしたことなんて忘れているんですが、この方式なら出かけるたびにプレイリストに曲が増えていきます。

 

友人とのおすすめ交換にも役立ちます。音楽をすすめ合うとき、今まではCDを貸し借りするとか買ってみるとかしか出来なかったんですが、spotifyのおかげで「あとで聞いてみる」という言葉の確実性が増します。おすすめされても借りたCDだと急いで聴いてしまったりとか、そのうち買おうと思っていてもなかなか余裕がとれなくて忘れてしまったりするのですが、もうそんな言い訳は通用しません。その場でプレイリスト登録、あとは聴くだけです。

 

・さようならCD

以上の理由から、私の音楽環境は完全にspotifyとbandcampに移行しそうです。もちろん邦楽中心にCDはまだ買うと思われますが、洋楽はよっぽど物理で手元に置きたいと思わない限り買わない気がしますね…。少しさびしい気もしますが、これも時代の流れでしょう。

 

しかし1点だけ不満が…

洋楽のアーティスト名をカタカナで表示させてくるのだけは見つけづらいから勘弁してほしいですね。。

cali≠gari「25th Caliversary”1993-2019″ TOUR 14 -The time is out of joint-  @ HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3」

カリガリの14ツアー。1月前半は仕事が忙しかったのでさいたまを取りました。
 
■セットリスト
01.死は眠りを散歩する
02.火葬遊戯
03.ゼロサムゲーム
04.せんちめんたる
05.飛燕騒曲
06.-187-
07.キル
08.-踏-
09.オーバーナイトハイキング
10.色悪
11.カメラ オブスキュラ
12.天国で待ってる
13.拝啓=BGM
14.動くな!死ね!甦れ!
15.ファニソン
16.淫美まるでカオスな
17.マッキーナ
18.マシンガンララバイ
19.いつか花は咲くだろう
 
En.
20.グッド・バイ
21.ラストダンス
22.クソバカゴミゲロ
 
ダークなSEで入場し、そのまま「死は眠りを散歩する」で幕開け。新作の中でも特にヘヴィなこの曲を最初に持ってくるとは予想外でした。続く「火葬遊戯」は音源よりも整合性を保ちつつ最後の暴れっぷりが追加された感じで、ツアーファイナルまでにはまだ化けそうです。
 
「せんちめんたる」はテンションが上がりました。目には目を、をすべて石井さんが歌っていたのも新鮮でしたね。「飛燕騒曲」「-187-」の飛び道具系楽曲は続けて演奏するとさらに類似点がわかりやすく見え、そこからの「キル」への畳み掛けも良かったです。
 
「色悪」のあとは「カメラ オブスキュラ」からの新作タイム。「拝啓=BGM」から「ファニソン」までの流れはSOFT BALLET的なDNAを感じつつ楽しみました。ここでの「淫美」「マッキーナ」も終盤への起爆剤の役割を果たしていて良かったですね。
本編最後の「いつか花は咲くだろう」は圧巻。やはりイントロの村井さんのメロディ弾きは最高でした。
 
MCを経てのアンコールは「グッド・バイ」。本日のイントロはMC時の練習のかいあって決まってましたね。「ラストダンス」で終わりかと思いきや「クソバカゴミゲロ」での締めもかっこよかったです。
 
そしてアルバム購入者特典として終演後にミニアルバム「0」の引き換えが行われました。これ、やばいくらいヴィジュアル系な名盤なので、アルバム買った人は絶対ライブ行って引き換えたほうがいいし、アルバム買ってない人もライブに行く前にアルバム買っていったほうがいいですよ。
マジで。
 

VOIVOD「THE WAKE JAPAN TOUR 2019: 35th ANNIVERSARY @ TSUTAYA O-WEST」

VOIVODの来日に行ってきました!
 
■セットリスト    
01.Post Society
02.Ravenous Medicine
03.Obsolete Beings
04.Technocratic Manipulatorsv
05.Into My Hypercube
06.Iconspiracy
07.The Prow
08.Order Of The Blackguards
09.Fall    
10.Always Moving
11.Psychic Vacuum
12.The Lost Machine
13.Voivod
 
En1.
14.The Unknown Knows
15.Overreaction    
 
En2.
16.Astronomy Domine
 
去年発売した最新作の出来が非常に良かったので、とても楽しみにしていました。
比較的最近の「Post Society」からはじまり、2曲目でいきなり「Ravenous Medicine」。ものすごい盛り上がりでした。
 
音源で聴いているとピギーのギター(現在は引き継いだチューウィーのギター)によるプログレ由来のコードが強く印象に残るのですが、実際にライブで見るとアウェイのドラムの強烈なこと。メタルらしい攻撃力はもちろんのこと、ハードコアな切迫感のあるキレのあるフォームで繰り出されるドラミングにはただただ圧倒されました。
 
「Iconspiracy」中間での早い刻みなど、テンポチェンジもメンバー全員がシンクロしてフレキシブルに切り替わっていく様は職人芸で、惚れ惚れしました。同期を使った演奏ではこうはなりません。
スネイクのMCも冴え渡っており、観客とメンバーの間で楽しさの相乗効果が育まれていました。「VOIVODにも踊れる曲がある」といいつつの「The Prow」も素晴らしく、ポップながらもひねりのある構成には唸らされました。
 
クリーントーンのギターが印象的な「Fall」でしっとりとしたあとは最新作から「Always Moving」。スネイクは「最新作も好きか?本当に?」というようなことを言っていたと思いますが、本当に過去の名曲に負けない曲ばかりのいいアルバムなんですよね。もっともっと最新作からやってくれてもよかったよというのが本音でした。
 
ベースのロッキーも目立ちはしないものの堅実なプレイで、コード弾きを織り交ぜたりとサウンドが薄くならないような工夫が随所に見られました。チューウィーのギターもそうなのですが、技術的にはハイレベルのことをこなしつつもさらっと聞かせ、楽曲の構成やストーリーを感じさせる演奏には本当に感動しました。
 
「VOIVOD」で本編終了のあとはダブルアンコール。
最後の「ピギーに捧ぐ」とのMCと共に奏でられたピンク・フロイドの「Astronomy Domine」はまさに絶品という出来でした。
 
会場も満員で常に「VOIVOD」コールがかかる温かいライブで、とてもよいライブで今年をスタートさせることが出来て嬉しかったです。またぜひ来日してほしいですね。

ベストアルバム2018

今年も選びました。

 

10. cali≠gari「14」

14 狂信盤

14 狂信盤

 

 だいぶすっきりした仕上がりですが、それがかえって何度も聴ける要因に。

 


09. Azusa「Heavy Yoke」 

Heavy Yoke

Heavy Yoke

 

 サウンドの攻撃力の高さとボーカルの表現力に圧倒されます。

 


08. Anaal Nathrakh「A New Kind Of Horror」 

A NEW KIND OF HORROR [CD]

A NEW KIND OF HORROR [CD]

 

いつもに増してシリアスな内容。この方向性は以外でしたが好きです。

 


07. Behemoth「I Loved You At Your Darkest」 

I LOVED YOU AT YOUR DARKEST [CD]

I LOVED YOU AT YOUR DARKEST [CD]

 

サウンドとしてのハードさは減退していますが、おだやかな中にまとった狂気は過去最高クラスでは。

 


06. Voivod「The Wake」 

The Wake

The Wake

 

練られた変態的なリフとコードまわしに底力を見ました。来日も楽しみ。

 


05. Terrorizer「Caustic Attack」 

CAUSTIC ATTACK

CAUSTIC ATTACK

 

ギターやベースが単純になったことでより初期のような推進力がクローズアップされ好印象。やはりピートのドラムはかっこいい。

 


04. 神聖かまってちゃん「ツン x デレ」 

ツン×デレ

ツン×デレ

 

私が同世代としての歌を求めるバンドはやはり彼ら。

 


03. Judas Priest「FIREPOWER」 

FIREPOWER

FIREPOWER

 

ベテランなのに「ファイアーパワー」などと衝動だけのようなネーミングをする勢いには脱帽。ライブも素晴らしかったです。

 


02. TWEEDEES「DELICIOUS.」 

DELICIOUS.

DELICIOUS.

 

多彩なサウンドには1stを聴いたときのようなポジティブな衝撃がありました。よりバンドとしての一体感が出てきた印象。

 


01. People In The Box「Kodomo Rengou」 

Kodomo Rengou

Kodomo Rengou

 

いままでのPITBのいいところを煮つめきってつくったような濃厚な作品。 

 

 

10. cali≠gari「14」
09. Azusa「Heavy Yoke」
08. Anaal Nathrakh「A New Kind Of Horror」
07. Behemoth「I Loved You At Your Darkest」
06. Voivod「The Wake」
05. Terrorizer「Caustic Attack」
04. 神聖かまってちゃん「ツン x デレ」
03. Judas Priest「FIREPOWER」
02. TWEEDEES「DELICIOUS.」
01. People In The Box「Kodomo Rengou」