クラムボン「triology」

triology(初回限定盤)

triology(初回限定盤)

クラムボンの新作がものすごい。
とにかく音にやってやるというエネルギーが満ちている。

インタビューを読んだ限り、ミトの現在のモードによるところが大きいようだ。
彼が近年のアニソン関連の仕事で得たのであろう情報量の詰め込み方や耳を引く音作りなどが、自然にバンドサウンドにフィードバックされている。

特にシングル曲の「Rough & Laugh」、「はなさくいろは」、「yet」のクオリティは凄まじく、クラムボンが本気で「今っぽいポップ」をやるとこうなる、という答えが提示されているように思う。

ライブで披露するような即興的プレイが楽しめる「the 大丈夫」や、しっとりとしたストリングスが印象的な「agua」、ツインボーカルの「noir」など落ち着いた曲を挟んだり、「triology」というアルバムながら語りをフィーチュアし、まるで劇伴音楽のようなスリリングな演奏が展開される「Scene 3」など、実験色もありつつポップに聴かせるのはさすが。

また、楽曲の素晴らしさだけでなく演奏もよい。
個人的にはミトの伸びやかなベースラインが特に印象に残った。
トリオという編成ではベースの自由度が高いのか、印象的なプレイをするプレイヤーが多いと感じる。

これを機に、過去作もじっくり聴いてみようかな。