読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arcturus「Arcturus Japan Tour 2017 with 1349 @ 下北沢GARDEN」

 

Arcturusと1349の来日公演に行ってきました!

 

  

□SIGH

まずは日本のバンド、SIGH。

30分ほどのコンパクトなセットリストでしたが、満足感のある良いライブでした。

男女ツインヴォーカルですが特に女性Voの方の歌唱力には圧倒されました。

フルートやアルトサクソフォンが登場したりと雰囲気も充分、最後の曲に向けての畳み掛けが凄く、フロアも盛り上がっていましたね。

 

□Rise of Avernus

次はオーストラリアからのRise of Avernus

こちらも男女ツインヴォーカル編成で、こちらは随所で差し込まれる女性ヴォーカルのクリーンボイスがよいアクセントとなっていました。

黒塗りのゾンビのようなペイントをしており見た目はおどろおどろしいですがパフォーマンスは明るく、客席を煽って楽しいステージを見せてくれました。

 

□1349

本日の目当て、ノルウェーからのブラックメタルバンド、1349。

サテリコンのレコーディングが入ったとのことで、残念ながらドラムのFrostは不在でしたが、サポートドラマーも十分すぎるほどにうまく、1349サウンドが眼前に展開されました。

 

セットリスト

01. Sculptor of Flesh
02. Slaves
03. I Am Abomination
04. Nathicana
05. Postmortem
06. Riders of the Apocalypse
07. Exorcism
08. Chained
09. Chasing Dragons
10. Serpentine Sibilance
11. Atomic Chapel
12. Golem
13. Cauldron

 

最新作からの選曲が多く、知らない曲もけっこうあったのですが、音の洪水に身を任せ存分にブラックの世界に浸ることができました。

また、3rd「Hellfire」からも数曲演奏されたのが嬉しかったです。

終演後にはサイン会も行われました。

 

 

Arcturus

本日のトリ、ノルウェーのスーパーバンド、Arcturus。

サイン会が押したため、最初の数曲は見逃してしまいました…。

 

セットリスト

01. Evacuation Code Deciphered
02. The Chaos Path
03. Painting My Horror
04. Shipwrecked Frontier Pioneer
05. Alone
06. Crashland
07. Game Over
08. Nocturnal Vision Revisited
09. Keyboad Solo
10. To Thou Who Dwellest in the Night
11. Raudt Og Svart

 

ブラック由来の要素も多少含みつつ、民族的メロディを主体にしたメタルといったサウンドなのですが、とにかく演奏がうまい!ヴォーカルのVortexは個性的で時にアウトっぽいメロディを軽々と決め、さすがの歌唱力。そしてなんといってもドラムのHellhammer!

音源通りのドラムを音源以上の迫力でもってバシバシと決めていくさまは、凄すぎて現実味がなかったほどです。

中盤からモニターを下げて!というようなジェスチャーをしていたHellhammerですが、Nocturnal Vision Revisited後で耐えきれず?一度休憩。その間、即興のキーボードソロが挿入されました。

キーボードソロは持続する和音の上でピアノの音色で音階を紡いでいくようなものでしたが、時にあやしく危なげなメロディを繰り出すソロに惹きつけられました。

Hellhammerの耳の調子はよくならなかったようで、その後数曲で「申し訳ないけれど…」と言いつつ、ライブは終了。こればかりは身体が第一なので仕方ありません。

やや短めのライブになってしまいましたが、パフォーマンスが素晴らしかったこともあり、不満はほとんど感じませんでした。しかしもっと聴いてみたかった!ぜひ再来日してほしいものです。

 

目当ての2バンド以外のバンドもすべて素晴らしく、非常に満足度の高いライブでした!

1349もArcturusもまた来て欲しいな!

 

そして会場でもアナウンスされましたが、ANAAL NATHRAKHが6月に再来日するようです!こちらも行かなくては!!